日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 経営者の所作全てが良い会社づくりにつながっている

歌舞伎の坂東玉三郎さんが、「所作はつながっている」とおっしゃっています。どこからどこまでつながっているのか、この言葉の真意を考えていると実にたくさん思い当たることがありました。

例えば、普段は優しく温厚な経営者が、あるとき珍しく社員を怒鳴りとばしたとします。最初は多少気まずくても3日もすると経営者は、そのことを忘れてしまいます。しかし、怒られた人には心の傷として残っているものです。そして数年後のあるときに、社員同士の会話の中で、誰かが「いやぁ、社長は本当に気を使ってくれて有難いよね」と言ったとき、その彼は腹にたまっていたことを言います。「そんなことないよ、俺は〇年前に社長のホンネを見ているからなー、君は知らないだけだよ……」

アリの一穴の例えのようですが、一つの行動は数年後に影響を及ぼす場合があるのです。

将棋で勝つには一手打ったら相手がどう返して来るのかを、何手先までも読めないといけないと聞きますが、可能な手の中で最も良い手を打つことを〝最善手〟と呼ぶそうです。「所作はつながっている」、この言葉は、常に先を読んで最善手を打つ心掛けが肝要、ということを言っているのだと私は解釈しました。

故・舩井幸雄氏は「マクロ善、ミクロ善」という言葉を残しています。これは将来および大局のための行動が大前提の上で、周囲や自分のことを考えないといけない。先々に良い影響を残すことを考えながら今の行動を考えるという意味です。しかし、「所作はつながっている」ということを考えると、できればミクロ善も常に意識しないといけないのではないかという気がしてきます。

話を元に戻しますが、では部下を叱るときは、どうすればいいのでしょうか。私の場合は思いきり叱っています。しかしその後、3日の間に、その相手と飯を食うなどの機会をもって、心へのケアも怠りません。機嫌を取るのではなく、叱った真意を気付かせるためには、背景に何らかの愛情が必要なのです。最近の人は叱られ慣れていないので、ちょっとした注意をキツイ言葉に感じるものです。過保護に育てられた若者を戦力として育て上げないといけない私たちにとって、社員の精神状態は営業成績と同様に注意を払うべき事項なのです。

連続的につながる行動や意識には必ず因果関係があります。その細かい因果が社員とあなたの関係をつくっていく。人間関係で培われた組織の結束は、お金で雇われただけの人の集まりとは全く異なる力を持っています。あなたの所作全てが良い会社づくりにつながっているのです。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

数学が大好きな私はさまざまな事象を因数分解します。『仕事』を因数分解してみると、「業務」と「役割」の二つに分かれます。同じ仕事ですが、この二つは大きく意味が違います…

前の記事

小山政彦

「35歳までの学習歴が人生の80%を決める」。これは、とある会社の式典で、そこの会長が話をした講演タイトルです。会長は東京の大学を卒業後、公認会計士になるために数年間勉…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…