日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第60回 vol.3 経済産業大臣賞(民工芸)

風鈴 折り鶴(260g)、3500円(税抜き)

江戸時代、茶の湯の進展とともに花開いた盛岡の鉄器文化。歴代の南部藩主に加護されながら技が磨き上げられ、南部鉄器の名声は湯釜や鉄瓶とともに全国に広まった。伝統と革新――。1902(明治35)年の創業以来、400年を越える南部鉄器の伝統を守りながら現代の暮らしにもなじむ製品づくりに取り組んでいる「岩鋳」。県内で唯一、デザインから販売までの一貫生産体制で、年間100万点にも及ぶ製品を国内外に送り出している。

今回、経済産業大臣賞に輝いた「風鈴 折り鶴」は、平和の象徴である折り鶴がモチーフ。飾りの折り鶴のみならず、鐘部分も折り紙の風合いが再現されている。大正の中頃、風流を好む盛岡の釜師が手遊びでつくったのが始まりといわれている風鈴。風鈴のあの高く澄んだ音を出すには、通常の鉄より硬い材質につくる必要がある。涼しげな南部鉄器の透き通るような美しい音色に癒やされること間違いなし。

審査員からは、「涼やかな音色が印象的」「鉄器と折り鶴が外国人向けで良い」などと評価の声が上がった。

岩鋳オンラインストア

次の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.4 国土交通大臣賞(グローバル部門)

木の扇子(青森ひば材)

建具の製作・販売・修理、各種木工製品づくりを主事業とする青森県八戸市の舘タテグ工芸。日本古来の「組子」の技術を生かして、和室のみならず、...

前の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.2 農林水産大臣賞(食品)

京づつみ

京都市にある京漬物を製造している「西利」は、伝統の技を生かした京漬物だけでなく、現代のライフスタイルに合わせた創作京漬物などさまざまな京...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.2 農林水産大臣賞(食品部門)

朴葉みそ コンロセット

朴葉の上に、ネギなどの薬味や山菜などをからめたみそを載せて焼く飛騨の郷土料理「朴葉みそ」。これを家庭で手軽に味わえるようにと岐阜県下呂市...

観光土産品審査会 第61回 vol.1 厚生労働大臣賞(菓子部門)

ひとくち煉羊羹 詰合せ

熟練した職人により受け継がれてきた伝統の羊羹(ようかん)を、切らずに食べられる小型サイズに仕立てた榮太樓總本鋪の「ひとくち煉羊羹(ねりようか...

観光土産品審査会 第60回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル部門)

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期に...