日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 SDGs普及サイト開設 企業の取り組み自己診断

SDGsで掲げる17の目標

大阪商工会議所は6月18日、SDGsの浸透を目指して、全国の商工会議所で初となるSDGsに関するウェブサイトを開設した。SDGsとは、2030年までに持続可能な社会を実現するための開発目標として国連が掲げた17の目標のことだが、具体的な対応策についてはまだまだ認知されていないのが現状だ。同所は、日常の企業活動がSDGsにつながることを知ってもらう目的で、「SDGs取り組み診断」を設けたほか、取り組み事例なども紹介し、活用を呼び掛けている。

「SDGsにどう取り組めばいいのかよく分からない……」。そんな悩みを抱えている会員企業の声を受け、同所は、実践可能な身近な目標に取り組んでもらえるようにと工夫した専用ウェブサイトを開設して、SDGsの普及に乗り出した。

同サイトの特徴は、中小企業が簡単に取り組めるよう、「SDGs取り組み診断」で自社の取り組み状況について3段階で自己採点すると達成度が分かるようにしていること。これにより、普段の業務がSDGsにつながっていると意識され、自社の強みを生かした目標を設定して実現することが可能になる。また、事例紹介では、関西の6社2団体の取り組みをピックアップ。今後も掲載事例を増やしていく予定だ。

SDGsの17目標は、「飢餓をなくそう」「住み続けられるまちづくりを」「海の豊かさを守ろう」など、社会貢献的な色彩が色濃く、抽象的な概念を掲げていることから、浸透していないのが現状。そこで、同所では、SDGsの活用によってビジネス機会の拡大、新商品や新サービス、新規事業開発などにつながる、ブランド力の向上といった好影響の可能性をアピールしていく姿勢だ。同所は今後、SDGsをテーマとしたイベントやセミナーも随時開催していく方針で、中小企業が実現可能な目標を掲げ、それぞれが挑戦していけるよう後押しする。6年後に開催される大阪・関西万博のテーマの一つにもなっているSDGs浸透のきっかけにしたい考えだ。

詳細はhttp://www.osaka.cci.or.jp/sdgs/を参照

次の記事

栃木県 鹿沼商工会議所

鹿沼商工会議所(栃木県)は5月30日~6月1日、鹿沼市内の工場を一般公開する「第2回かぬまオープンファクトリー」を開催した。同市には、ものづくりを支える工作機械を開発するミ…

前の記事

広島県 庄原商工会議所

庄原商工会議所と県立広島大学、および庄原市を中心にキャベツ栽培を行う農業法人vegetaなど15団体で構成する「広島型キャベツ100ha経営スマート農業実証コンソーシアム」の事…

関連記事

宮崎県 宮崎県商工会議所連合会

宮崎県商工会議所連合会(会頭:米良充典宮崎商工会議所会頭)や県スポーツ協会(会長:春山豪志宮崎放送代表取締役会長)、県教育委員会(日隈俊郎教育長)など21団体・企業でつくる…

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…