日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 成功者が持つ能力「グリット」とは

生まれ持った才能(IQ)・知能とは別の「第3の成功因子」としていま話題なのが、「グリット」です。これは、粘り強くやり抜く力、不屈の精神を指します。ある研究によると、IQが高いのに成績が悪い子もいれば、低くても成績の良い子がいる。この差は何なのか? 調査したところ、長い時間粘り強く勉強することは、IQに勝る力になることが分かったそうです。

私は〝地頭〟と〝素頭〟という呼び方をして、セミナーなどでこの事を度々話してきました。〝地頭〟は生まれもった能力で、計算力や記憶力、思考力など、IQと呼ばれる力。〝素頭〟は、人の気持ちを推し量ったり、その場の空気を読んだりする能力で、数値では表せず、経験により培っていく力です。ビジネスの成功に必要なのは〝素頭〟ですが、「グリット」はその精神面のことではないでしょうか。

私の両親は高等小学校しか出ていませんが、とにかく努力の人でした。私が親から受け継いだものがあるとすれば、粘り強くやり続ける力、〝努力力〟だと思います。それだけで、今の自分をつくってきたと思っています。 高校時代、いくら勉強しても追いつけない天才たちと自分の脳を比較して、「鯛(たい)の頭と鰯(いわし)の頭」という詩を書きました。天才たちとは持って生まれた頭が違うと感じて、それを素直につづったのですが、それを見た親父は「自分の努力不足を生まれつきのせいにして逃げやがって、負けたくなければ人の2倍も3倍も勉強しろ!」と、カンカンに怒りました。私は腹をくくり、そうするしかないとやり抜きましたが、それでも東大には合格できませんでした。しかし、人の2倍も3倍も努力することは、いつしか私の生き方として習慣化されました。実家のディスカウントストアで働くようになってからも、船井総研に再就職してからも、同様に仕事をしてきました。その結果、幸いにも東証一部に上場させることができ、船井総研の代表としての務めも果たすことができました。

そんな私のことを「スゴイ!」と言ってくださる人もおりますが、努力し続ければ誰にでもできると私は思っています。もし私に鯛の頭があれば、おそらく本当にスゴくなっていたかもしれませんが、私は鰯の頭でしたから、粘って「グリット」で勝負してきました。というより、そうするしかなかったのです。

人は天賦の才にかかわらず、志と「グリット」さえあれば、自分の夢に必ず近づくことができます。「グリット」を習慣付けることの大切さを若い方にお伝えください。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

机の上に白いA4判程度の紙を縦に置き、その紙を上下に2等分するよう、真ん中に横線(中心線)を引きます。その線より上に人の長所、線より下に人の短所があると考えます。そし…

前の記事

小山政彦

欧米人と日本人の気質や特性の違いを知って、リーダーシップを発揮することも重要だと思っています。評論家の山本七平氏も挙げていますが、私は、日本の典型的な組織の動かし方…

関連記事

小山政彦

新型コロナウイルス感染症の問題は、やがて終息を迎える日が来るでしょう。しかし、コロナ禍で始まったリモートワークという働き方は、ある部分継続していくに違いありません。…

小山政彦

お金とマネーは違います。分かりやすくいえば、生活のために使うのがお金。株など投資するために使うのがマネーです。例えば、ソフトバンクグループ会長の孫正義さんが1兆円の…

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…