日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年6月1日号 神田玲子

最近、『ファクトフルネス』という本が話題になっている。これはあまりなじみのない英語だが、著者によるとデータを基に世界を正しく読み解くことを意味するそうだ。われわれは、データから正確に事実を把握しているように見えても、人間が持つ本能によって都合のよい解釈をしがちだという。

▼例えば、「単純化本能」。とかく、人は一つの切り口でデータを見てしまう癖があるという。そういわれると、「フリーランス」と「会社員」を対象に、各自の仕事に対する満足度を聞いた調査の分析に思い当たる。フリーランスとは、個人自営業者や、オンラインのプラットフォームを利用し仕事を受託している人である。調査からは、フリーランスの方が、会社員よりも、仕事に満足している人の割合が高いという分析が出された。「自由な働き方である方が人々の満足度が高い」ことはうなずけるが、「フリーランスの方が望ましい働き方だ」という単純化した理解でよいのだろうか。フリーランスの中には、主たる世帯収入を得ている人もいれば、副業や一時的に仕事を請け負っている人もいる。また、低賃金で働いている人も一定の割合で存在し、そうした人は根本的な問題を抱えている。

▼近年、人々の職業、働き方、家族構成は多様化しており、それらは人々の意識や生活の目標にも反映される。人々の多様性を無視して主観的なデータを比較しても、実態とは乖離(かいり)した理解になってしまう可能性が高い。そして理解をゆがませるだけではなく、間違った政策の実施につながりかねない。データを独り善がりに解釈し、社会を理解したつもりになってはならないことを、われわれは肝に銘じなければならない。

(神田玲子・NIRA総合研究開発機構理事)

次の記事

文章ラボ主宰 宇津井輝史

寄付とは見返りを求めない行為である。ふるさと納税も、故郷や応援したい市町村への寄付行為の奨励という趣旨で始まった。だが、2千円を超えた分が住民税の減税などにより、実…

前の記事

中山文麿・政治経済社会研究所代表

最近の宇宙に関する新しい知見には目を見張るものがある。重力波の測定やブラックホールの映像化など実に胸がワクワクする。今度ははやぶさ2がもたらす偉業に関心が集まる。

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月末、トランプ大統領とバイデン前副大統領は1回目の大統領選挙のテレビ討論会を行った。両候補者とも国政の基本政策を論ずることなく相手を口汚くののしり合っただけだった…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

「風が吹けば桶屋がもうかるというが、その逆を心配している」と中堅企業の前取締役は懸念を示した。コロナ禍によって、すでにサービス業を中心に人員圧縮の動きが出ている。同…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロナ禍に立ち向かい、地域の事…