日商 Assist Biz

更新

テーマ別企業事例 北海道新幹線開通直前! 深化する「青・函」連携

事例4 両地域の特色を込めた商品開発

はとや製菓(青森県青森市)

「常に新製品のアイデアを考えている」という安保照子社長。他社には真似のできないフリーズドライ製法技術が会社の強みだ

はとや製菓はリンゴ、カシス、大豆など青森県産の素材にこだわった土産用和洋菓子を製造・販売する青森市内有数の菓子メーカーだ。同社は、北海道新幹線開業を「新たな商機」とみて青函地域の特色ある商品を次々に開発、業績を伸ばしている。

協業して新商品を開発

はとや製菓は、平成27年6月、新幹線で訪れる観光客向けの商品第1弾として、パイの詰め合わせセット「青函パイ」を発売した。これは青森リンゴを蜜漬けしたものと、カスタードクリームとを、幾重にも折り重ねたパイ生地で包み焼き上げた主力商品の「ラブリーパイ」と、北海道産のクリームチーズとリンゴを使用して五稜郭を模した形に焼いた「星形パイ」の青・函コラボレーション商品である。続く第2弾は同年11月の「のっけ丼茶漬」。函館産のイカの塩辛とホタテ、サケ、シイタケをフリーズドライ製法で加工した高級感のあるお茶漬けで、どちらも考案者は社長の安保照子さんだ。

「以前、発売したフリーズドライの具材がたっぷり入っている『青森さんの野菜スープ』の評判が良かったんですよ。北海道新幹線も開業するし、お土産は軽くて日持ちすることが一番です。そこで、青・函関連商品として売り出す次の商品はお茶漬けと決めました。函館といえばイカだから、フリーズドライしたイカの塩辛を使うというアイデアがひらめきました。私は思いついたら、すぐに実行に移すタイプなのですが、当初は具体的な協業相手は決まっていませんでした」

そこで青函企業の事業連携や商圏拡大を目指す「パートナーシップ構築懇談会」(青森・函館両商工会議所主催)に参加し、プレゼンをした。すると、イカの塩辛を主力とする函館の誉食品が協業相手として手を挙げてくれたのだ。

「塩辛のゴロ(肝)はおいしいけれど、お茶漬けにすると匂いが気になる。塩分も多い。そこでゴロを抑えて塩分を4%から3%に減らしたところ、うまくいきました」

第3、4弾の商品も企画中だ。次はイカジャーキーを売りだすつもりだという。「実は、塩辛をフリーズドライにする方法を研究していた時の失敗作なんです。でも、みんなに食べてもらったら、後を引く味と食感だと好評だったので、味噌味に仕立てて珍味として売り出すつもりです。新幹線の中で飲むお酒のつまみにもぴったりですよ」

北海道からも人を呼ぶ

はとや製菓はフリーズドライ製法に長けた技術を持つが、あえて特許を申請していない。申請すると製法を公開することになるためだ。〝特許で守らなくても、うちの技術は他社には真似ができない〟。安保さんには、そんな自負があるのだろう。

「私が新商品を思いついたときは、みんなで具体的な内容を考えたり、工場長に試作品をつくってもらい何十回も味見して決めるんです。その方が柔軟な発想の商品が生まれるし、私たちの舌とお客さまが好む味が一致しているという自信がありますから。大変だけど楽しい作業です」

はとや製菓では2品の青・函関連商品が加わることで年間2000万円以上も売り上げが増えると試算している。第3、4弾を加えれば売り上げはさらに伸びるだろう。「新幹線効果への期待がある一方で、新青森駅は通過駅になってしまうという声もあります。でも私は悲観していません。それぞれの分野で精いっぱい努力をして、北海道からも人を呼べるようになれば青森はもっと盛り上がるはずです」

会社データ

社名:株式会社はとや製菓

住所:青森県青森市大字幸畑字谷脇69-1

電話:017-738-3500

代表者:安保照子 代表取締役社長

従業員:54人

※月刊石垣2016年2月号に掲載された記事です。

次の記事

テーマ別企業事例 震災から5年。本格復興への挑戦

福島商工会議所/大七酒造株式会社/仙台商工会議所/ファクトリーシリウス

2011年3月11日から早くも5年が経過した。多くの被災地では徐々に復旧が進んでいる一方で福島県は、原発事故の影響もあり、未だに厳しい状況に置か...

前の記事

テーマ別企業事例 〝地方創生〟で地域は変わるか?

霧島酒造株式会社/近江八幡商工会議所/SUSANOO事務局/株式会社花巻家守舎

政府の掲げる最重要政策の一つとして大きな期待を集めている「地方創生」。この実現に向けて、商工会議所や地域の中核企業が動き出している。少し...

関連記事

テーマ別企業事例 多彩な取り組みで地方創生を進める 「徳島県モデル」に迫る!

阿波池田商工会議所

2020年に初めて、東京からの転出者が転入者を超えた。働き方改革がある程度浸透したことに加え、昨年来のコロナ禍の影響で企業のテレワーク導入な...

テーマ別企業事例 地域の力を結集してコロナなんかで倒れない! 稼げる農商工連携で逆境を乗り切る

小野食品株式会社/株式会社森本研究所/株式会社ヤマミ醸造/株式会社マルヤナギ小倉屋

長引くコロナ禍の影響により、事業継続や雇用維持などの面で極めて厳しい経営環境に置かれている中小企業が増えている。今こそ、自社が培ってきた...

テーマ別企業事例 逆境に強くなる! 着眼点と技術力で業績を伸ばす

有限会社TGテクニカ/有限会社北陸ベンディング/富士高砂酒造株式会社/株式会社タテイシ広美社

コロナ禍という未曽有の逆境に必死に耐えている中小企業は多い。しかし、このピンチに対して耐えるだけではなく、チャンスに変えようと奮闘してい...