ビジネスを救うお助けご飯 ふわとろ蒸し豆腐

ふわとろ蒸し豆腐

心の乱れは食生活の乱れにつながります

カウンセリングを担当している方で、普段はちゃんと食事を取り、記録も残しているのに、突如記録が空欄になった日がありました。お話をうかがうと、嫌なことがあり、つい暴飲暴食をしてしまったとのこと。翌日胃腸の調子が優れず、食生活が乱れてしまったとのことでした。 こうした経験は誰しも覚えがあることではないでしょうか。食欲をコントロールする難しさも共感できるところです。これ以上の悪循環を断ち切るためには、食べ方の改善が必要です。

冷たいお酒を飲みすぎたり、簡単に食べられるパンやお菓子、冷たいお惣菜ばかりを食べていると、気持ちが落ち着かないばかりか、栄養の偏りから体調まで悪くなってしまいます。一方、鍋料理やおみそ汁、スープ、蒸し物など、寒い季節に恋しくなる料理は、ホッと心まで温めてくれ、嫌なことがあってダメージを受けた心も癒やしてくれます。いずれもビタミンやミネラルが摂取できるので、体調が整いストレス抵抗力も高まります。

今回ご紹介する蒸し豆腐は、お家にあるもので簡単につくれます。お豆腐は低カロリーで低脂質なので、〝あと一品〟として添えても安心。ちょっとの手間で優しい食感と味わいを楽しめます。

ふわとろ蒸し豆腐

材料(つくりやすい分量・小さな器4つ分)

豆腐…1丁

[A]和風だしの素…小さじ1/4、塩…小さじ1/4

ごま油…お好みの量

その他、ぎんなんなどのトッピングはお好みで

つくり方

①ボウルに軽く水切りをした豆腐とAを入れてなめらかになるまで混ぜ、器に注ぎ入れます

②蒸し器で10分ほど蒸し(もしくは電子レンジで2分弱)、最後にごま油をまわしかけ、薬味などお好きなものをトッピングして出来上がり

ワンポイントアドバイス

朝 みかん2個

昼 サーモンクリームパスタ

夜 ビール、白ワイン、かきフライ、シーザーサラダ、カルパッチョ

温かい汁物を取り入れましょう

一見温かいものを食べているように見えますが、全体を見てみると、冷たいものに偏りがちです。1日1回は具だくさんの汁物を取るように意識しましょう。

※月刊石垣2015年1月号に掲載された記事です。

次の記事

ビジネスを救うお助けご飯 シーフードパエリア

笠井奈津子

エビ、イカ、ホタテ、カキ、タコなど低脂質高タンパクの魚介類に多く含まれるアミノ酸の一種であるタウリンは、肝機能を強化しお酒を飲む機会が多...

前の記事

ビジネスを救うお助けご飯 ツナとアボカドのサンドイッチ

笠井奈津子

多くのビジネスマンが朝食を抜いていたり、食事と食事の間がすごく空いていたりと、不規則な食事傾向にあります。中には「食事をとると眠くなるの...

関連記事

ビジネスを救うお助けご飯 しみじみおいしい高野豆腐の含め煮 無料会員限定

笠井奈津子

骨粗しょう症の対策といえば、カルシウムの摂取が一般的にはよく知られているのではないでしょうか。にもかかわらず、日本人の多くがカルシウム不...

ビジネスを救うお助けご飯 フライパンひとつでできるかんたん明太豆腐パスタ 無料会員限定

笠井奈津子

免疫力を高める働きがあるβ-カロテンやビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれます。しかし、免疫細胞の材料となるたんぱく質は、主菜に多く含まれ...

ビジネスを救うお助けご飯 余ったお餅でとろ~り鮭グラタン 無料会員限定

笠井奈津子

同じ室温でも、それを「適温」と感じる人もいれば、「寒い」と感じる人もいます。冬以外の季節にも手足に冷えを感じるようであれば、血行を良くす...