日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年6月1日号 宇津井輝史

人は何よりもまず自分に関心がある。自分以外の、自分を取り巻くすべてのものが「世界」である。世界は分からないことだらけだが、それをどう認識するか。これを世界観と呼ぶ。その裏付けのないところに思想はない。新型コロナウイルス肺炎の蔓延をどう終息させ、疲弊した社会をいかに再建するか。政治家にも世界観が問われる。

▼感染拡大を収束させるのは政府の仕事である。だから各国政府は都市封鎖さえ辞さず緊急事態を宣し、国民に我慢を強いる代わりに収束への道筋を示す。前提になるのが真実を知る努力である。見えない感染の広がりを確かなデータで把握する。数値をベースに、確固たる世界観に基づいて政策を決めれば国民も納得する。だから医療崩壊を回避することと、検査不足など国民の不安に応えることとは本来両立するはずだ。

▼ことは緊急事態である。刻々と変わる事態を冷静に分析し、解決への手段を適時適切に指示する司令塔が要る。むろんぶれない方針が必須だが、未曾有の事態ゆえ方針の変更を恐れてはなるまい。科学サイドからの正確な情報をもとに、政治が果敢に政策を実行するのに必要なのも世界観である。

▼経済を回し、社会を動かすのも政府の仕事である。移動の自由、営業の自由を公共の利益のために制限するのは許されるが、補償が要る。生存権にかかわる、一刻の猶予なき事態なら、出す側にも、受ける側と同じ切迫感が要る。倒産と失業をぎりぎり食い止める気迫が終息後の復興に生きる。

▼コロナ禍のダメージは国民等しく一様ではない。生活基盤の弱い人、経営基盤の弱い小規模事業者により重くのしかかる。負担を広く分かち合い、社会の公平を保つのも大きな課題である。

(コラムニスト・宇津井輝史)

次の記事

コラム石垣 2020年6月11日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

観光は、世界中の人々の交流と絆、移動を前提とした平和産業のシンボルである。今回の世界的コロナ感染の拡大は、その前提を大きく覆してしまった...

前の記事

コラム石垣 2020年5月21日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

各国のメディアから独裁的だと批判されている科学者がいる。スウェーデンの感染症対策の責任者、アンデシュ・テグネル氏である。同氏は、欧州で実...

関連記事

コラム石垣 2021年9月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構 神田玲子

新型コロナ感染症による医療現場の逼迫(ひっぱく)が、閾値を超えた。感染症の発生から1年半が経過した今も保健所の過重な業務量、低調なPCR検査、...

コラム石垣 2021年7月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

アフリカで生まれた人類は、ユーラシアから南米の南端までを数万年かけて歩いて渡った。やがて海は、陸と陸を隔てるものから、つなぐものに変わっ...

コラム石垣 2021年7月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

新型コロナウイルス感染症との闘いを通して、各国が団結して行動する機運が生まれている。そう考える理由の一つが、グローバルな法人税制ルールの...