日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2016年12月11日号 神田玲子

アメリカの大統領選挙は、大方の予想に反し、トランプ氏が勝利を収めた。選挙戦でトランプ氏が掲げた選挙公約は、妥当性が疑われるものも多かった。例えば、アメリカ人の失業を減らし、雇用を取り戻すために移民の流入を規制すると主張している点である。

▼移民の流入がアメリカの労働者に不利に働いたかどうかは、専門家の間でも議論が分かれる。これまでの実証的な分析の結果では、技術革新や海外へのアウトソーシングによる影響の方が、移民による影響よりもはるかに大きいとされている。クルーグマンをはじめ著名な経済学者もメディアを通じて根拠がないと批判を行った。しかし、トランプの支持者には通じなかったようだ。

▼エスタブリッシュメントと呼ばれる専門家の声が、政治においていかに無力であるかは、今に始まった話ではない。その原因は何か。アメリカの歴史学者であるクリストファー・ラッシュは、大衆の側ではなく専門家の側に原因があると主張した。90年代に書かれた、『エリートの反逆』という書物の中で、現代の民主主義の病は、何が問題なのかを指し示すべきエリートたちが民衆との接触を欠いていることだと指摘した。ラッシュの目には、個人の能力に重きを置く専門家は、歴史やコミュニィティーから得ている恩恵を忘れ、一般の人々と課題を共有できないばかりか、社会から離れようとしている、と映る。

▼これはアメリカに限った話ではない。日本も同様だ。専門家と一般の人々の間の距離を縮めるには、有権者と専門家が共通の場で議論を重ねるしかない。国民が政策決定のための議論に、専門家と共に参加していくための仕組みを構築することが、ますます重要になっている。

(神田玲子・NIRA総研理事)

次の記事

宇津井輝史 文章ラボ主宰/神田玲子 NIRA総合研究開発機構 理事/丁野朗 公益社団法人日本観光振興協会 総合調査研究所長/中村恒夫 時事通信社 取締役/中山文麿 政治経済社会研究所 代表

トランプ次期米大統領の誕生など激動の1年だった2016年。本稿では、本紙コラム「石垣」執筆者に2017年の日本そして世界の行方について聞いた。資本主義は、経済を運営する上で…

前の記事

中山文麿・政治経済社会研究所代表

先月、ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出された。安倍晋三首相は急きょ彼と面談し、友情と信頼関係を構築することでお互いに確認した。▼今回の大統領選挙は過去…

関連記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

米国社会の分断を広げたトランプ大統領。11月3日の大統領選挙で再選されれば、分断はさらに深刻なものとなる。だが、民主党のバイデン候補が勝利したとしても、この分断を修復…

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月末、トランプ大統領とバイデン前副大統領は1回目の大統領選挙のテレビ討論会を行った。両候補者とも国政の基本政策を論ずることなく相手を口汚くののしり合っただけだった…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

「風が吹けば桶屋がもうかるというが、その逆を心配している」と中堅企業の前取締役は懸念を示した。コロナ禍によって、すでにサービス業を中心に人員圧縮の動きが出ている。同…