日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2016年12月1日号 中山文麿

先月、ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出された。安倍晋三首相は急きょ彼と面談し、友情と信頼関係を構築することでお互いに確認した。

▼今回の大統領選挙は過去に例のない異例なものだった。民主党のヒラリー・クリントン候補とは突っ込んだ政策論争もなく中傷合戦に終始した。

▼当初、トランプ氏は泡沫(ほうまつ)候補と見なされていた。彼はアメリカが移民の国にもかかわらずイスラム教徒は入国禁止だなどと暴言を吐いてメディアの注目を集めた。しかし、主要メディアは、2紙を除き57紙が彼に反対の論陣を張った。共和党の主流派も彼を代表候補に選出後も非協力的だった。

▼一方で、伝統的に労働組合の強い民主党の牙城であったペンシルベニア州などではグローバル化に取り残された白人労働者がトランプ氏を支持した。貧困白人は今の自由貿易や民主主義に疑問を抱き彼の主張するチェンジにかけた。この反乱はワシントンのエスタブリッシュメント(支配階級)にも向けられ、クリントン氏も同類と見なされた。

▼このように所得格差の大幅拡大や固定化の動きは自由貿易や民主政治にとって危機である。グローバル主義を適切に制御したり、ウォールストリートの強欲資本主義をある程度抑制しないとアメリカンドリームを描けなくなった貧困白人や若者達を納得させられないだろう。

▼これからトランプ氏は自らあおったアメリカ社会の分断と亀裂をどのように修復していくのか。また、その政策は当然日本にもはね返ってくる。日本もこれまで政治や経済面でビッグブラザーであったアメリカの背中を見て走ってきたが、ここで一度立ち止まってわが立ち位置をしっかり見極めることが肝要だ。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

神田玲子・NIRA総研理事

アメリカの大統領選挙は、大方の予想に反し、トランプ氏が勝利を収めた。選挙戦でトランプ氏が掲げた選挙公約は、妥当性が疑われるものも多かった。例えば、アメリカ人の失業を…

前の記事

時事通信社取締役・中村恒夫

有効求人倍率が「1」を大きく超えているのに思ったような職がなかなか見つからない。いわゆる雇用のミスマッチが指摘されるようになって久しい。正社員だけでなく、非正規雇用…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

今回の米国大統領選挙は、トランプ氏を絶対に再選させたくない民主党と熱狂的な支持者からなるトランプ党との戦いだった。トランプ支持者は戸別訪問などどぶ板選挙も行い、前回…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番煎じ以降になると、効果もそが…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そのさらなる磨き上げに力を入れ…