日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2016年8月11日号 中山文麿

6月23日、英国は欧州連合(EU)からの離脱を決めた。この国民投票はキャメロン首相が3年前に保守党内の求心力を高めるために提案したもので法的強制力はない。しかし、彼の試みは誤算で、「EUの終わりの始まり」とか、「英国の崩壊の序曲」とかささやかれている。

▼英国がEUから離脱するには、リスボン条約第50条によってEUに対して離脱の通告をしなければならない。メイ首相は来年以降に通知するとしておりEUとの離脱交渉の開始は相当遅れそうだ。

▼EUは英国の離脱が他のEU諸国に波及するいわゆる離脱ドミノを恐れている。従って、ドイツのメルケル首相は英国との離脱交渉において「英国にいいとこ取りはさせない」と警告している。

▼ところで、英国の離脱は一部のEU諸国にとって好都合という意見もある。今回、英国に出ていってもらえればEUの拡大と深化のうち、深化について原加盟国6カ国が預金保険機構を設置して銀行同盟を作ったり、財政政策の共通化などの深化政策が進めやすくなる。

▼また、過去フランスの支援を受けてイングランドと戦ったスコットランドはEUに残りたいとして、再び分離独立の機会を伺うだろう。大英帝国の国旗であるユニオンジャックからスコットランドの白いタスキのX印の模様が消えるかもしれない。

▼国民投票というのはポピュリズムに流されやすい面がある。英国は議会を解散するのに3分の2以上の議員の賛成が必要である。今回の国民投票についても3分の2の発議要件とするべきだった。第二次世界大戦直後、英国の首相となったアトリー氏は代議制を取る英国はヒトラーが行ったような国民投票はやらないと言っていたのに……。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

神田玲子・総合研究開発機構理事

7月の参議院選挙で与党が勝利し、政策についての国民の支持が得られたかのようだ。しかし、実際は、いくつか気になることがある。▼消費増税の先送りをすれば税収が減少するが、…

前の記事

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

訪日外国人の急増を背景に「観光立国」が国策の大きな柱の一つになりつつある。しかし東京・大阪・京都など一部の地域を除き、多くの地域では、受け入れ体制を巡って少なからぬ…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

今回の米国大統領選挙は、トランプ氏を絶対に再選させたくない民主党と熱狂的な支持者からなるトランプ党との戦いだった。トランプ支持者は戸別訪問などどぶ板選挙も行い、前回…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番煎じ以降になると、効果もそが…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そのさらなる磨き上げに力を入れ…