日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2016年7月21日号 丁野朗

訪日外国人の急増を背景に「観光立国」が国策の大きな柱の一つになりつつある。しかし東京・大阪・京都など一部の地域を除き、多くの地域では、受け入れ体制を巡って少なからぬ混乱も見られる。

▼その混乱をさらに加速しているのが地域観光組織DMO(Destination Marketing/Management Organization)である。DMOはカリフォルニアなど米国西海岸、スイスやドイツなどの欧州諸都市、オーストラリア、ニュージーランドなどのオセアニアなどで、すでに30年以上の実績を持つ広域観光推進組織である。これらをモデルに、わが国でも観光地域経営を担う組織としてDMOの設立準備が進み、今年5月末現在で81の法人が認定されている。

▼しかし、アメリカをはじめ海外の観光組織は、原則として民間が担うものであり、行政が前面に立って関与することはまれである。民間主導の事業があり、これらの組織化が進められ、その事業を促進するために、やがて制度ができるという流れが一般的である。

▼これに対して、日本では中央政府のリードのもと、まずは制度ありきの議論が先行してしまう。従って、個々のDMOが、どんな事業を推進し持続性を担保できるかといった肝心の議論が往々にして後回しとなる。

▼官主導の組織では補助金が投入されるが、自らしっかりとした事業基盤を持たない組織は、補助金がなくなると持続できなくなる。DMOの頭に「日本型」が冠されているが、これを官主導、制度ありきの事業手法であるといった厳しい指摘もある。DMOの発想は素晴らしいが、形式ではなく、その哲学こそ学ぶべきではないかと思う。

(公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗)

次の記事

中山文麿・政治経済社会研究所代表

6月23日、英国は欧州連合(EU)からの離脱を決めた。この国民投票はキャメロン首相が3年前に保守党内の求心力を高めるために提案したもので法的強制力はない。しかし、彼の試みは…

前の記事

文章ラボ主宰・宇津井輝史

女性革命家ローザ・ルクセンブルクは、民衆が失敗の積み重ねから学習する結果が実り多いものをもたらすとの言葉を残した。英国民がEUからの離脱を選んだのをどう評価すべきか。…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

今回の米国大統領選挙は、トランプ氏を絶対に再選させたくない民主党と熱狂的な支持者からなるトランプ党との戦いだった。トランプ支持者は戸別訪問などどぶ板選挙も行い、前回…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番煎じ以降になると、効果もそが…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そのさらなる磨き上げに力を入れ…