コラム石垣 2016年6月11日号 中村恒夫

「『一億総活躍社会』を『従業員総活躍会社』に読み替えて経営に取り組めば、企業としての生産性も向上すると思う」—。中堅企業の取締役に就任が内定した知人はこう話した。意欲と能力に基づく人事配置と適切な指導力があれば、結果はついてくるはずだ、と考える新任役員は少なくないだろう。無論、経営はそんなに簡単ではない。

▼産業界で最近注目されているのが「健康経営」の必要性だ。中堅・中小企業では、労働条件の改善に取り組むのが精いっぱいで、従業員の健康状態にまで配慮が及びにくい。しかし、病気で従業員が休職すれば、直ちに会社全体の戦力ダウンにつながってしまうのも確かだ。

▼それだけではない。経済同友会で健康経営の実践を求める提言をまとめた橋本孝之日本IBM副会長は、労働生産性を高めるには、会社に来ているが病気を抱えていて生産性が低い「プレゼンティーイズム」の状態を解消していくことも重要だと指摘する。従来は、病気になった社員への配慮に重点が置かれがちだったが、橋本氏は病気に向かいつつある「未病」の従業員を「健康状態に引き戻す」のも経営者の責務だと強調。自社に健康保険組合がない中小企業でも外部機関と連携すれば、従業員の健康状態を把握することは可能だと話している。

▼従業員からは、生活習慣の改善を口実に、私生活まで管理を強化しようとしていると警戒する声が出るかもしれない。経済産業省の推計では、健康に取り組む上場企業の時価総額の推移を見ると、東証平均株価を上回る実績を残している。従業員の健康と業績がリンクしている証拠であり、経営者は自信を持って健康経営の実践を打ち出していいのではないか。

(時事通信社監査役・中村恒夫)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2016年6月21日号 中山文麿

中山文麿・政治経済社会研究所代表

今回の米大統領選挙では、当初、泡沫候補と見られていたトランプ氏が共和党の代表に指名されたり、民主党では、「民主社会主義」を唱えたサンダー...

前の記事

コラム石垣 2016年6月1日号 丁野朗

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

数年前から言われ始めた六次産業化。農業経済学者で東京大学名誉教授・今村奈良臣さんの命名という。その意味は農林水産品の加工・販売や観光農園...

関連記事

コラム石垣 2022年1月1日号 コラム「石垣」執筆者に聞く 2022年の展望

コラムニスト 宇津井輝史/NIRA総合研究開発機構 理事 神田玲子/観光未来プランナー 文化庁日本遺産審査評価委員 丁野朗/時事総研 客員研究員 中村恒夫/政治経済社会研究所 代表 中山文麿

日本商工会議所100周年を迎える2022年。いまだコロナ禍の収束を見ない中、時代はどう変わるのか。本紙コラム「石垣」執筆者に、今年の日本と世界の...

コラム石垣 2021年12月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、久しぶりに友人と会った。先の衆議院選挙について「成長と分配ということだけれど、今更何を言っているのか」と首をかしげた。確かに、成長...

コラム石垣 2021年12月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月の8~11日、中国共産党の第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が北京で開催され、習近平国家主席の主導の下、共産党の第3回の歴史決議が...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする