日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2014年12月11日号 中村恒夫

消費税率の10%への引き上げが先送りされることになった。与党だけでなく大半の野党も、当初予定されていた2015年10月の引き上げには否定的であり、総選挙の結果がどうあれ、安倍首相が言った通り、実施は17年4月以降になるだろう。財政の健全化や社会福祉財源の充実に影響が及ぶのは必至だが、逆に引き上げまで時間的余裕ができたのだから、企業経営者としては、十分な対策を練っておきたいところだ。

▼今春の増税で明らかになったのは、引き上げは個人消費に極めて大きな影響を及ぼすということだ。駆け込み需要の反動があるのはもちろん、家計の収入が大きく増えない中で、税の転嫁によりモノの値段が上がれば消費は冷え込む。当然の事象が起きたともいえる。今後、政府が企業に対して賃上げを要請しても、大きな成果を上げるのは容易ではない。次回の増税後も消費の落ち込みは避けられないと見ておくべきだ。

▼まず、売上減少を想定した資金繰り対策が欠かせない。それには、企業であれ、個人であれ、引き上げによって購買意欲がどの程度減退するか、顧客の意向をあらかじめ入念に分析しておく必要がある。

▼もちろん、税率引き上げに関係なく、一定の売上を確保できる商品やサービスをそろえるのが先決なのは言うまでもない。競争力のある製品開発を急ぐと同時に、需要の変化を先取りするマーケティング力があらためて問われる。一方で、税率引き上げを単に経営のマイナス要素と受け止めるのではなく、事業内容を見直す好機だと前向きに捉えることもできる。例えば、採算割れの状態が長く続くと見込める商品やサービスがあるのなら、思い切って撤退する案も検討すべきであろう。

(時事通信社経理局長・中村恒夫)

次の記事

中山文麿・政治経済社会研究所代表

バブル崩壊後、日本の経済力は驚くほど落ちてしまった。国の国際競争力を示す円の実質実効為替レートは42年ぶりの低水準だ。▼ここ四半世紀の日中の粗鋼生産量を見ても、中国の…

前の記事

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

産業や地域は、「静脈」をケアしながら再生・発展してきた。静脈とは、いわゆる生産の残渣(ざんさ)としての廃棄物や、産業・都市発展とともにその役割を終えた歴史遺産などを指…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月末、トランプ大統領とバイデン前副大統領は1回目の大統領選挙のテレビ討論会を行った。両候補者とも国政の基本政策を論ずることなく相手を口汚くののしり合っただけだった…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

「風が吹けば桶屋がもうかるというが、その逆を心配している」と中堅企業の前取締役は懸念を示した。コロナ禍によって、すでにサービス業を中心に人員圧縮の動きが出ている。同…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロナ禍に立ち向かい、地域の事…