日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 産学官連携で新アイデア 女子高生がパン考案

検討会で生徒とパン事業者が意見交換

八千代商工会議所(千葉県)に事務局を置く八千代産学官協同ネットワークは、八千代市における初の試みである「やちパンプロジェクト~もしも女子高生がパンを作ったら~」を実施。昨年12月1~17日に、千葉県立八千代高等学校の生徒が考案したパンを、同市内のパン事業者が販売した。生徒はパンづくりの基本などについて講義を受け、さらにパン事業者と共同で試作などを行い商品化にこぎつけた。売れ行きは好調で、用意したパンはほぼ売り切れた。

産学官の連携プロジェクトとして、同校家政科の3年生女子生徒19人と、同市内のパン事業者6店が手を組み、13種類のオリジナルパンを考案した。昨年5月にパン事業者らが講師となり、マーケティング、パンづくりなどについて講義を行い、生徒は基礎から知識を習得。その後、検討会を開催し、プロの意見も取り入れながら開発を進めた。さらに試作会や試食会を経て12月の販売に至った。

考案されたパンは、「八千代市らしさ」を特徴として持つものが多い。同市の観光名所である「京成バラ園」から着想を得て、ばらの香りを練り込んだデニッシュや、同市がナシの産地であることから、ナシを使用したパイなどがある。同市のイメージキャラクター「やっち」の焼き印を押したパンも考案された。協力したパン事業者からは「同プロジェクトにより誕生した斬新なパンを求めて、店に新規の客が来るようになった」と好評だ。

同ネットワークによると、今後、同プロジェクトの成果を検証し、その結果に応じて来年度における同様の事業の実施を検討するという。同ネットワーク会長で、同所会頭の上代修二氏は、「このプロジェクトに関わったことが、生徒たちの進路に影響を与えるかもしれない」と、人材育成の観点からも効果に期待を寄せている。

次の記事

広島県 因島商工会議所

因島商工会議所(広島県)は昨年12月、尾道市因島の新ご当地グルメ、「因島村上海賊焼き」をお披露目した。因島村上海賊焼きは具材にタコとうどんを使った海鮮お好み焼き。名称は…

前の記事

北海道 帯広商工会議所 富良野商工会議所

帯広商工会議所(北海道)と富良野商工会議所(同)はこのほど、両地域の素材や技術を生かした特産品の開発プロジェクトを開始した。12月4日に開催した両所の合同会議では、今後の…

関連記事

宮崎県 宮崎県商工会議所連合会

宮崎県商工会議所連合会(会頭:米良充典宮崎商工会議所会頭)や県スポーツ協会(会長:春山豪志宮崎放送代表取締役会長)、県教育委員会(日隈俊郎教育長)など21団体・企業でつくる…

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…