セレクト地域短信 「村上海賊焼き」誕生 日本遺産と食結び地域振興

因島村上海賊焼きをお披露目

因島商工会議所(広島県)は昨年12月、尾道市因島の新ご当地グルメ、「因島村上海賊焼き」をお披露目した。因島村上海賊焼きは具材にタコとうどんを使った海鮮お好み焼き。名称は、中世に瀬戸内海で活動した水軍で、平成28年に日本遺産に認定された「村上海賊」にちなむ。日本遺産と食を結び付けることで地域振興を図ろうと同所や市、因島観光協会などでつくる村上海賊因島振興協議会が企画。同月12日、因島の13店で販売開始した。

因島ではもともと「因島焼き(通称いんおこ)」と呼ばれるうどんを使ったお好み焼きが人気。海賊焼きは、これをベースに村上海賊が出陣の際食べたというタコと他の海鮮1種類以上を加え、因島村上氏の家紋「㊤」の旗を立てる。味付けは各店が個性を見せる。

同日11日に行われた試食会では参加店から3店が自慢の海賊焼きを披露。参加者からは「タコの歯ごたえが良い」「インスタ映えする」などの声が挙がり、販売開始後の評判も上々だ。同所は今後も海賊焼き取扱店の増加と普及を目指しPRしていく。食べ歩きスタンプラリーも検討中だ。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 オリジナルロゴマーク作成 まちの認知度アップへ

宮崎県 高鍋商工会議所

高鍋商工会議所(宮崎県)は昨年11月23日、同所の70周年記念事業として、まちのロゴマークを作成し高鍋町に寄贈した。「高鍋の顔」としてのオリジナ...

前の記事

セレクト地域短信 産学官連携で新アイデア 女子高生がパン考案

千葉県 八千代商工会議所

八千代商工会議所(千葉県)に事務局を置く八千代産学官協同ネットワークは、八千代市における初の試みである「やちパンプロジェクト~もしも女子高...

関連記事

セレクト地域短信 初のオンライン商談会 DX推進へ30社出展

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会

佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県産業スマート化センターなどはこのほど、生産性向上とDX推進につ...

セレクト地域短信 4金融機関と協定締結 企業の海外販売を支援

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月26日、地元の4金融機関(福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、福井信用金庫)と共に「CROSS BORDER SABAE(CBS)地域金...

セレクト地域短信 タウン情報誌「城陽日和」を発行

京都府 城陽商工会議所

城陽商工会議所(京都府)はこのほど、タウン情報誌「城陽日和」(2021年秋特別号)を発行した。同冊子は、城陽市の商業を活性化させるため毎年春...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする