中企庁 「振興基準」を改正 下請け取引適正化図る

中小企業庁はこのほど、下請け中小企業の取引条件改善のための取り組みとして、下請中小企業振興法第3条第1項に基づく「振興基準」を改正した。改正の内容について社内での周知徹底、業務規定やマニュアルなどの点検・見直しなどを呼び掛けている。

今回の改正は、各産業界自らが取り組む行動をまとめた「自主行動計画」の取り組み状況のフォローアップ調査や、取引調査員(通称「下請Gメン」)による下請け中小企業ヒアリングを通じて把握した取引上の課題などを踏まえたもの。サプライチェーン全体でのさらなる取引適正化に向けて、下請け中小企業の取引条件改善のため、望ましくない取引慣行の是正や、働き方改革への対応などを踏まえた所要の改正を行った。

詳細は、http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2019/190109Shitauke.htmを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする