日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 アプリで将棋の対局 「66将棋」をより気軽に

「66将棋」の対局を実演

天童商工会議所(山形県)は5月19日、アイフォン・アイパッドで楽しめる縦横6マスの将棋アプリ「66(ろくろく)将棋」を同所で披露した。コロナ対策のため、職員が互いの距離を取って実演した。

「66将棋」は、将棋駒の生産量日本一である天童市を「将棋の聖地」とする「コマノミクス」事業の一環として、2年前に大学教員と共同で開発。縦横9マスで戦う通常の将棋よりも短時間で勝敗がつき、初心者でも気軽に楽しめる。

「66将棋」の大会も開いており、参加者からは、アプリ化を望む声があったため、京都府のアプリ製作会社「STUDIO SHIN」に依頼。同所の事業に賛同し、同社は特別会員となってアプリの製作に協力した。

2人で一つの画面を挟んだ対局もできるが、近距離無線通信「ブルートゥース」を使えば2台の端末で通常10メートルほど離れて対局が可能だという。

アプリを利用した人からは「駒を動かせる場所を色で示してくれるので初心者でもやりやすく、ルールも学べる」という反響が届いている。

同所の大内久幸さんは「将棋を指したことがない人でもアプリで気軽に楽しめると思う。コロナ収束後に天童市を訪れ、本物の駒を手に取ってほしい」とアピールする。

「66将棋アプリ」は、無料で配信中。ダウンロードはこちら(iOSのみ)。

次の記事

富山県 高岡商工会議所青年部

高岡商工会議所青年部(富山県・高岡YEG)は『令和版たかおか万葉集』の制作に当たり、7月1日から8月31日まで、高岡にちなんだ短歌を全国から募集する。高岡は万葉歌人の大伴家持…

前の記事

長野県 小諸商工会議所

小諸商工会議所(長野県)ものづくり委員会は、飲食業の会員事業者が利用できるキッチンカーを導入し、5月21日に小諸市相生坂公園でお披露目会を実施した。同事業は、飲食店の新…

関連記事

群馬県 館林商工会議所

館林商工会議所(群馬県)は9月15日~11月15日、「コロナに負けるな!館林グルメ総選挙」を開催する。例年は「暑いまち」を逆手に取り「激辛・激甘・激冷グルメ総選挙」を実施し…

岐阜県 多治見商工会議所

多治見商工会議所(岐阜県)などは、「多治見の魅力を引き出した新しいアイデアで未来へ繋ごう!」をコンセプトに「たじみビジネスプランコンテスト(TAJICON)」を開催する。これ…

秋田県 湯沢商工会議所青年部

湯沢商工会議所青年部(秋田県、湯沢YEG)は8月7日、同所駐車場で「ゆざわの夏祭り」を開催した。湯沢市では毎年8月、浮世絵や美人画が描かれた大小数百の絵どうろうがまちを彩る…