セレクト地域短信 中津からあげ 地域団体商標に登録 商工会議所の出願では初

揚げたての中津からあげ

中津商工会議所(大分県)が出願していた地域団体商標「中津からあげ」がこのほど商標登録された。平成26年8月1日から、商工会議所や商工会、特定非営利活動法人(NPO)も地域団体商標を出願することが可能となって以降、商工会議所からの出願が商標登録されたのは今回が初めて。

「中津からあげ」は、大分県中津地方に由来する製法で製造された鶏のからあげ。国産鶏を使用し、ショウガ、ニンニクをベーステイストとした店舗独自の調味液に浸した後、油で揚げる。大きく、しょう油味と塩味に分かれる。各店舗では商品のつくり置きはせず、注文を受けてから揚げるのが特徴だ。

近年のご当地グルメブームで全国的な認知度のある「中津からあげ」の起源は終戦直後にさかのぼる。鶏肉の産地でもあった中津地域で製造販売され、昭和40年代中頃より地域の消費者に広く食されるようになった。

地域団体商標は、地域ブランドの適切な保護を目的に、信用力の維持による競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的とするもの。商工会議所などが使用する「地名+商品(サービス)名」からなる商標について、一定の要件を満たした場合に登録を認める制度として普及している。

同制度は平成18年4月に導入され、これまでに580件以上が商標登録されている。平成26年5月に、日本商工会議所からの要望により商標法が改正され、地域団体商標を登録できる主体の範囲が商工会議所、商工会、NPOにまで広がった。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 アスパラの切り下を活用 オリジナル商品が完成

北海道 美幌商工会議所

美幌商工会議所(北海道)などはこのほど、美幌産アスパラガスの「切り下」を活用した「アスパラ入りうどん」と「アスパラスープ」を開発、販売を...

前の記事

セレクト地域短信 雑煮でまちおこし 新発田YEG

新潟県 新発田商工会議所青年部

新発田商工会議所(新潟県)青年部は10日、日本最大級の雑煮イベント「第十二回城下町しばた全国雑煮合戦」を開催した。当日は、悪天候にもかかわ...

関連記事

セレクト地域短信 初のオンライン商談会 DX推進へ30社出展

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会

佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県産業スマート化センターなどはこのほど、生産性向上とDX推進につ...

セレクト地域短信 4金融機関と協定締結 企業の海外販売を支援

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月26日、地元の4金融機関(福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、福井信用金庫)と共に「CROSS BORDER SABAE(CBS)地域金...

セレクト地域短信 タウン情報誌「城陽日和」を発行

京都府 城陽商工会議所

城陽商工会議所(京都府)はこのほど、タウン情報誌「城陽日和」(2021年秋特別号)を発行した。同冊子は、城陽市の商業を活性化させるため毎年春...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする