日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 あだち菜うどんの乾麺完成

4月から一般販売開始

東京商工会議所足立支部はこのほど、同支部が中心となって開発した「あだち菜うどん」を、一般消費者向けの乾麺として商品化。4月から一般販売することを決定した。

同地域は、小松菜の産地であり、製麺所も多い土地柄を生かした新たなご当地グルメで地域活性化に役立てようと、「あだち菜うどん」の飲食店向け(業務用)生麺を開発。区内のレストランや学校給食などで提供したところ、「家庭に持ち帰って家族で食べたい」「親戚や友人にお土産として贈りたい」との地元の声を受け、乾麺として商品化を企画した。100gの乾麺の中に80g相当の小松菜を使用し、生麺とは一味違ったつるつるとした食感が特徴の商品が出来上がった。

小売希望価格は1袋450円(税込み)。主に贈答用としての購入を想定しており、4月以降、区内の飲食店や各種小売店にて販売される。

次の記事

山口県 萩商工会議所

萩商工会議所(山口県)はこのほど、東京・浅草にある全国各地の魅力を体験できる商業施設「まるごとにっぽん」内に、萩のセレクトショップ「萩の風」をオープンした。同所では…

前の記事

北海道 札幌商工会議所

札幌商工会議所(北海道)は1月19日、観光アイデアコンテストを開催した。同コンテストは地域の観光業界における最大の課題となっている閑散期の誘客推進に資するため、平成27…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…