日商 Assist Biz

更新

大卒内定率66・5% 5年ぶりに低下

厚生労働省と文部科学省はこのほど、就職を希望する来春卒業予定の大学生の内定率(10月1日現在)が66・5%となり、前年同時期を1・9ポイント下回ったとする調査結果を発表した。内定率は5年ぶりに低下。企業の選考活動が8月に後ろ倒ししたことなどが影響した。

男女別では、男子65・8%(前年比1・8ポイント減)に対し、女子は67・2%(同2・2ポイント減)。また、文系は65・9%(同1・4ポイント減)に対し、理系69・2%(同4・3ポイント減)だった。

地域別では関東75・8%(同1・3ポイント増)が最も高い。次いで、近畿67・8%(同5・3ポイント減)、中部63・6%(同2・5ポイント増)、北海道・東北62・9%(同1・9ポイント減)、九州53・5%(同3・7ポイント減)、中国・四国47・8%(同9・1ポイント減)と地域によって差が出ている。