日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 3カ国語でおもてなし 無料バッジ 市民に配布

おもてなしツールとしてのバッジ活用が期待される

小樽商工会議所(北海道)などでは、急増している外国人旅行者と、小樽の人を結ぶコミュニケーションツールとして「おもてなしバッジ」を作成。現在、無料で配布している。

バッジは、外国語が話せることが一目で分かるデザインで、英語、中国語、韓国語の3カ国語に対応。観光関連産業に関わる人たちのほか、一般市民にも広く着用を呼び掛けている。

同所は、「小樽を訪れた外国人観光客が心から楽しんで、小樽を好きになってもらえるよう、完璧に外国語を話せなくても、市民の方にはぜひ気軽にバッジを付けておもてなしをしてほしい」と話している。

次の記事

富山県 氷見商工会議所青年部

氷見商工会議所(富山県)青年部は3月22日、同YEG創立50周年を記念して、色鮮やかな小皿「ちゃんばち」セットの販売を開始した。「ちゃんばち」とは、地域食の「かぶす汁」を入れ…

前の記事

新潟県 長岡商工会議所/愛知県 豊川商工会議所

長岡商工会議所(新潟県)および豊川商工会議所(愛知県)は3月16日に、東京・JPタワーにおいて友好商工会議所提携の覚書を締結した。長岡市と豊川市は、長岡藩主牧野家が豊川市牛…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は9月16~18日の3日間、同所1階多目的スペースで「『Withコロナ時代』職場の感染症対策グッズ緊急展示・商談会」を開催した。職場での新型コロナウイルス感染拡…

宮崎県 西都商工会議所

西都商工会議所(宮崎県)は、西都市の市街地活性化の拠点として「まちづくり西都KOKOKARAココカラ」を開所した。名称には「ここから市街地の活性化がスタートする」という意味…

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所(岐阜県)と大垣観光協会が特許庁の地域団体商標に登録出願していた「大垣の木枡」および「大垣の枡」が7月14日に商標登録された。9月4日には、同所交流産業委…