日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年7月1日号 中山文麿

日本を襲った新型コロナウイルスの死者数は欧米と比較してはるかに少ない。しかし、この現象は東アジアの国々に共通したことで、人口10万人当たりの死者数では、わが国は東アジアの中で最悪である。東アジアの死者数が少なかったのは過去同じコロナウイルスのインフルエンザにかかっておりある程度抗体ができていた交差免疫のおかげかもしれない。

▼この冬に第2波の感染爆発が必ず来るともいわれている。また、冬には例年通り、A型とB型のインフルエンザも流行する。インフルエンザの症状と新型コロナウイルスのそれはほぼ同じで病院は相当混乱するのではないかと危惧される。

▼このウイルスは人の細胞のACE-2(アンジオテンシン変換酵素2)を鍵穴として侵入する。米国のラトガー大学などは口の中の舌にこの鍵穴が多数あり、唾液中のウィルスが咽頭部よりも4倍もあることを見つけた。そこで、これからのPCR検査の検体は唾液から採取することになるだろう。

▼ところで、日本のPCR検査の数は世界的にも非常に少ない。人口1000人当たりでは35番目前後だった。これから安全・安心な生活を送るためにもPCR検査を充実したい。駐日仏大使が千葉のPSS社に感謝状を贈ってきたように日本には優れた全自動PCR検査装置も存在する。

▼また、アップルとグーグルが開発したソフトで近距離無線規格であるブルートゥースの技術を使った濃厚接触者追跡システムも導入したい。もちろんデータが2週間後には自動的に消去されるなどプライバシーの保護には十分配慮した仕組みとすべきだ。第1波の状況を第三者機関で十分検証・総括した上で第2波に万全の態勢で対応したい。

(政治経済社会研究所代表・中山文麿)

次の記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

コロナ禍で急速に広がったテレワーク。先日、企業で働く友人数名を集め、テレワークの状況について語ってもらった。全社的なテレワークが、想定以上にうまくいっていることに、…

前の記事

時事通信社常務取締役 中村恒夫

「新型コロナウイルス感染拡大の影響が経営を直撃した」と九州の有力中堅企業R社の取締役は嘆く。本業のサービス業だけでなく、柱に育ててきたイベント事業が軒並み中止になり…

関連記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

米国社会の分断を広げたトランプ大統領。11月3日の大統領選挙で再選されれば、分断はさらに深刻なものとなる。だが、民主党のバイデン候補が勝利したとしても、この分断を修復…

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月末、トランプ大統領とバイデン前副大統領は1回目の大統領選挙のテレビ討論会を行った。両候補者とも国政の基本政策を論ずることなく相手を口汚くののしり合っただけだった…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

「風が吹けば桶屋がもうかるというが、その逆を心配している」と中堅企業の前取締役は懸念を示した。コロナ禍によって、すでにサービス業を中心に人員圧縮の動きが出ている。同…