日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年7月11日号 神田玲子

コロナ禍で急速に広がったテレワーク。先日、企業で働く友人数名を集め、テレワークの状況について語ってもらった。全社的なテレワークが、想定以上にうまくいっていることに、皆、満足している様子だ。その半面、ネット越しでは、進捗(しんちょく)管理や人事評価、部下への指導が難しくなっているという声も聞かれた。

▼しかし、F・ラルーが提唱する進化型組織(ティール)からみると、これらはテレワークの障害として捉えるのではなく、組織そのものの課題と認識すべきだと言っているように思える。『ティール組織』は日本でも2018年に売り出され、話題になった本だ。進化型組織では、10人程度から構成される、チームによる自主経営が基本となる。権限を委譲されたチームが意思決定を行うときには、社内の専門家の助言を得るべきとする。

▼助言者は本部の専門家スタッフ、あるいは本部が契約している外部の専門家かもしれない。あくまでもアドバイザーであり、上司ではない。権限のない人が親身に相談に乗り、最終的な判断をチームに委ねることで、メンバーの自律性が生まれる。そうした助言システムを取り入れることで、上司に監視されなくても、やる気を持って仕事に当たることができるという。

▼上司の管理はもはや不要だ。今回、テレワークが全社的に導入されたおかげで、SNSを使えば、専門家を探し、アドバイスを得ることも容易となった。ネット会議やチャットを活用することで、迅速に助言を受けることも可能だ。テレワークは、企業が取り組むべき課題に正面から向き合う良い機会を提供しているのかもしれない。今回の感染症を、組織を進化させる絶好のチャンスと捉えたい。

(NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子)

次の記事

コラム石垣 2020年7月21日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

20世紀が始まったのは1901(明治34)年である。当時の日本人は慣れ親しむ元号以外の数え方があることなど関心がなかった。世紀が変わったからといっ...

前の記事

コラム石垣 2020年7月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

日本を襲った新型コロナウイルスの死者数は欧米と比較してはるかに少ない。しかし、この現象は東アジアの国々に共通したことで、人口10万人当たり...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...