日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート 日本人初の9秒台なるか 期待かかるサニブラウン選手

第101回日本陸上競技選手権大会 男子100m決勝で1着のサニブラウン・ハキーム(右端) 写真提供:産経新聞

8月4日からロンドンで行われる世界陸上競技選手権(世界陸上)。今回の最大の注目はやはり男子100mだろう。誰が公式記録で日本人初の9秒台を出すか。その注目を一身に集めているのがサニブラウン・ハキーム選手(東京陸協)だ。

6月に行われた日本選手権。男子100m決勝には、日本を代表する高速ランナーが集結した。サニブラウンに加えて、2年前にアメリカで9秒87(追い風参考)を出した桐生祥秀選手(東洋大)、今季国内で9秒94(追い風参考)の快走を見せた多田修平選手(関西学院大)、去年の日本選手権覇者ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)、リオデジャネイロ五輪のリレー(銀メダル)で第一走者を任された山縣亮太選手(セイコーホールディングス)の面々。結果は周知の通りサニブラウン選手が他の選手を置き去りにして優勝した。決勝は雨の中のレースで決してコンディションは良くなかったが、それでも10秒05の好記録。予選、準決勝も10秒06をそろえて安定した走力を披露した。

福岡県出身、18歳のサニブラウン選手。父親はガーナ人の元サッカー選手、母親は日本人の元陸上短距離選手で申し分のないスポーツ一家で育った。今春、東京の城西大学附属城西高校を卒業してからはオランダを拠点に練習を続けてきた。身長187㎝、体重72㎏の恵まれた体格。久しぶりに日本のトラックに現れた彼は、世界を意識する戦士に変貌を遂げていた。期待がかかる9秒台は、もはや時間の問題だと捉えている。「気にして出るものじゃない。でも一人出せば、どんどん9秒台を出す(選手が現れる)と思う。自分が第一歩になれたらうれしい」

そして「そのレベルの(9秒台の記録を持つ)選手と走っていれば、そのうち必ず出ると思います」。

それどころか今は「世界記録の樹立」を目標に掲げている。彼の世界ユース選手権(2015年)の200m優勝記録は同大会(03年)で勝ったウサイン・ボルトよりも速いのだから荒唐無稽な話ではない。いくら才能に溢(あふ)れていても、それを磨く意識がなければ輝けない。9月からはアメリカの大学でさらに走りを追求する。決して現状に満足しているわけではない。「9秒台で走ればすごく気持ちいいんだろうと思います。スタートが良ければ9秒台にいくかな」

さて、結果やいかに。

(7月18日執筆)

青島 健太 スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている。

次の記事

藤光謙司

第1走者は100mでも抜群のスタートダッシュを見せた多田修平(関西学院大)、第2走者はリオでも2走を務めた飯塚翔太(ミズノ)、今回100mに出場できず悔しい思いを募らせていた…

前の記事

張本智和

日本の卓球界は若手の台頭が止まらない。女子の伊藤美誠(リオ五輪で銅メダル)、平野美宇(世界選手権で銅メダル)という10代(高校生)の選手が世界を舞台に活躍すれば、男子…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…