日商 Assist Biz

更新

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】仮想通貨による決済

Q 最近、よく仮想通貨という言葉を耳にします。仮想通貨による決済の仕組み、メリット、利用上の注意点について説明してください。

A 仮想通貨は、特定の管理者を置かず、システム利用者自身によってシステムを監視するという特徴があります。決済についても送金が真に送金者の意思に基づいて行われたかということを、他のシステム利用者が確認することで行います。このため、送金について手数料が(ほとんど)かからないといったメリットがある半面、ハッキングのおそれや、通貨としての信用性(相手方が、仮想通貨による決済を受け入れてくれない可能性)などの面で注意が必要です。また、投機目的で仮想通貨の購入を勧誘され、トラブルになるケースもあります。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

第一法規株式会社

顧客の住所、氏名などの個人情報が第三者に漏れた場合、情報の悪用がなくともプライバシー侵害になります。個人情報の管理に過失が無くても、貴社は民法の使用者責任に基づいて…

前の記事

第一法規株式会社

同一使用者との間で、有期労働契約が通算5年を超えて反復更新した労働者は、労働者本人の申し込みによって期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できます。これは「…

関連記事

第一法規株式会社

昨今BYOD(私物デバイスの業務利用)が話題となっていますが、当社では、これまで個人所有のパソコンや携帯電話などの使用については、特段の制限などは設けていません。何か特…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理にタイムカードを使用していますが、昨今の感染症による影響などで、タイムカードを打刻できない場面が増えてきています。「労働時間の客観的な方法による…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理はタイムカードを使用していますが、働き方改革の一環で労働関連法が改正されて「労働時間の客観的な方法による管理義務」が課せられることになったと聞き…