セレクト地域短信 ずんだ新商品の販売開始 三位一体で地域資源活用

バラエティー豊かなずんだ商品が誕生

刈谷商工会議所(愛知県)、仙台商工会議所(宮城県)、東京製菓学校が連携で実施しているプロジェクト「ずんだを活用した新商品開発事業~仙台と刈谷を結ぶ架け橋~」が5月初旬、新商品を完成させ、刈谷市内で販売を開始した。同事業は、東日本大震災からの復興に向けて実施した「遊休機械無償マッチング支援プロジェクト」で築き上げた絆を一層強くし、両地域の雇用創出や販路拡大、地域資源を徹底活用した持続可能な地域活性化を目的としたものだ。商品の原料を仙台でつくり、試作品を東京製菓学校で作成、刈谷で加工、販売を行う流れとなっている。

このたび誕生した新商品は、荒川屋製菓店舗の「ずんだ生クリーム大福」(150円)、オアシスベーカリーこむぎの「ずんだあんぱん」(150円)、「ずんだ入りラウンド食パン」(700円)、京都胡麻屋くれぇぷ堂の「ずんだクレープ」(480円)、たこやきクウの「ずんだ大判焼」(90円)の5品(いずれも税込み)。ずんだ生クリーム大福は荒川屋製菓店舗で、そのほかの商品は刈谷ハイウェイオアシス(パーキングエリア)で販売され、売れ行きも上々だ。今後は、日持ちのする手土産の販売も予定している。

刈谷商工会議所は、「幅広い世代に喜んでもらえる商品が出来上がった。また、店舗では、『東北支援』と書かかれたPOP広告も設置しているため、支援として購入してくれる人もいる。今後も三位一体で、少しでも多くの人にずんだ商品を味わってもらいたい」と話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 いちはら国府ブランド始動 イチジクなど特産品を発信

千葉県 市原商工会議所

市原商工会議所(千葉県)は5月31日、いちはら国府ブランド発表会を開催した。これまで独自に展開していた「いちはら国府プレミアム商品」「いちはら...

前の記事

セレクト地域短信 美濃焼の技術を次世代へ 若手育成で業界支援

岐阜県 土岐商工会議所

土岐商工会議所(岐阜県)は昨年度から引き続き、美濃焼業界支援事業として「絵付技術伝承塾」を開催している。同事業は、後継者不足などで急激に減...

関連記事

セレクト地域短信 PayPayと連携したポイント付与キャンペーン実施中

岩手県 北上商工会議所

北上商工会議所(岩手県)はこのほど、キャッシュレス決済サービスのPayPayと連携した消費喚起策「がんばれ北上!PayPayを対象店舗で利用すると最...

セレクト地域短信 古文書の和菓子を再現 地元産の食材生かす

大分県 臼杵YEG

臼杵商工会議所青年部会(大分県・臼杵YEG)はこのほど、臼杵藩主から引き継いだ江戸時代の古文書「菓子製法」を参考に再現した2種類の和菓子を発...

セレクト地域短信 観光関連事業者向けに「みやづ観光ダイジェスト」を発行

京都府 宮津商工会議所

宮津商工会議所(京都府)はこのほど、市内の交通量、主要駐車場の利用数、天橋立などの観光案内所における案内件数、モノレール・ケーブルカー・...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする