日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 お猪口片手に酒蔵探訪 日本酒の魅力をPR

普段は入ることができない蔵元見学もイベントの魅力

会津喜多方商工会議所(福島県)などは5月28日、JRデスティネーションキャンペーン(DC)のアフター企画として、「喜多方酒蔵探訪のんびりウォーク」を開催した。今回で3回目となったイベントには、定員を大幅に上回る360人が参加。県外からや、特に20~30代の女性参加者も増え、宿泊を伴う人も100人を超える誘致効果の高いイベントに成長した。

当日は朝10時から、会津塗りのオリジナルお猪口を片手に12蔵元を1日かけて探訪。蔵元から日本酒に関する説明を聞いたり、自慢の地酒と仕込み水を試飲したりと、新緑の喜多方を散策しながらウォークラリーを楽しんだ。

また、市内のみそ・しょうゆ屋などに設置した「ちょっ蔵ポイント」では、特産品のアスパラガスを使った一品や、郷土料理の「こづゆ」などを無料で提供。ゴール地点でもしじみ汁を振る舞うなど、日本酒以外の喜多方の魅力もアピールした。さらに、蔵元でお酒を購入した人には、商品を駅まで届けるサービスも実施。手ぶらでイベントを楽しめる工夫も好評だった。

参加者からは、「会津喜多方といえば『ラーメン』のイメージがあり、今まではラーメンを食べたらほかのまちに移動していた。イベントに参加して、ほかにも多くの魅力があることを発見できた」などと、満足の声が聞かれた。

同所は、「ふくしまDCを盛り上げるために『酒蔵つぅりずむ』というプロジェクトを立ち上げ、3年間さまざまな日本酒イベントを実施してきた。『日本酒のまち』としてのPRがいい形で進んでいる。今年度でふくしまDCは終了するが、プロジェクトやイベントは継続していく予定で、今後もまちの活性化のために助力していきたい」と意気込みを見せた。

次の記事

広島県 因島商工会議所

因島商工会議所(広島県)などはこのほど、「瀬戸内海の覇者 村上海賊」のパンフレットを発行した。4月25日付で「〝日本最大の海賊〟の本拠地:芸予諸島―よみがえる村上海賊 Mura…

前の記事

千葉県 君津商工会議所

君津商工会議所(千葉県)の国際交流委員会は5月12~16日の5日間、第11回海外視察研修を実施。ミャンマーのヤンゴンとバガンを訪問した。民主化が急激に進み、日本企業の進出など…

関連記事

三重県 四日市商工会議所

四日市商工会議所(三重県)は、名古屋を中心にまち歩き・体験プログラムツアーを開催する「大ナゴヤツアーズ」と連携し、地域の魅力を発見する旅「四日市ツアー」を企画した。ウ…

石川県 金沢商工会議所

金沢商工会議所(石川県)は8月25~28日の4日間、石川県地場産業振興センターで「第13回かなざわマッチング商談会」を開催した。同商談会には北陸3県と北陸新幹線沿線都市の商工…

栃木県 鹿沼商工会議所

鹿沼商工会議所(栃木県)は、鹿沼市内の飲食店など接客を行う事業所が、飛沫(ひまつ)感染防止のためのついたてを導入する場合、5万円を上限に購入費用を助成することとし、8月1…