日商 Assist Biz

更新

i-BOX 今月の情報宅配便!! 大学生が三密回避IDカードを開発

三密回避IDカードを開発した大川原さん

会津大学

会津若松商工会議所では、外郭団体の「公益財団法人会津地域教育・学術振興財団」を運営し、会津地域の教育・学術の振興に努めている。なかでも、さまざまな助成事業で会津大学生を支援している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、会津大学や同大短期大学部教員らでつくる実行委員会が主催するハッカソンが5月に開催された。同大学生とOBが、IT技術を生かして感染を食い止めたり、ウイルスと共存したりするための知恵を出し合い、試作品を発表。

4年生の大川原駿さんは、複数のセンサーを搭載し三密状況を可視化できる「三密回避IDカード」を開発した。人の数や位置を感知し、2m以内に人が近づくと音が鳴る仕組みだ。また、室内の二酸化炭素濃度が高くなると、カード画面に換気を促すイラストが現れ、一日の密接、密集、密閉状態をカウントして表示する機能もある。照屋尚志さん(大学院2年)らのチームは遠隔授業にVR(仮想現実)を導入し、学生に興味を持ってもらうシステムを考案した。

ほかにも、ソーシャル・ディスタンスが保たれているかを確認できるカチューシャや、照明に触れずにスイッチを操作できる装置なども披露された。 今後、企業との連携も視野に入れ、実用化を目指すという。

お問い合わせ

会津大学

所在地:福島県会津若松市一箕町鶴賀

電話:0242-37-2500

HP:https://www.u-aizu.ac.jp/

次の記事

長野県 下諏訪商工会議所

日本の優れた商品・サービスを認定し、国内外に発信するプログラム「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション) 2020 第1期」の受賞対象が6月1日に発表された。外国人選…

前の記事

埼玉県 草加商工会議所

森紙器では、スウェーデン生まれの紙素材でできた軽くて強いボード資材「リボード」で、新型コロナウイルス感染防止に役立つ「フィジカルボード」を開発した。「リボード」は10…

関連記事

福井県 鯖江商工会議所

明治中期創業の老舗印章店で、20年前からネットでの印鑑販売も展開する「小林大伸堂」は、このほど命名ギフト「こまもり箱」を発表した。「親の愛で作るわが子のお守り箱」をコ…

東京都 東京商工会議所

クラシック音楽事務所のジャパン・アーツが主催する「国際音楽祭 NIPPON 2020」が2月9~16日の期間中、国内三地域で開催される。本音楽祭は、ヴァイオリニストの諏訪内晶子さん…

山口県 徳山商工会議所

山口県周南市でプリザーブドフラワー教室「Fleur parler」を主宰する恵良賀子さんが、国内産トラフグの皮コラーゲンを配合した石けんで「グッドデザイン賞」を受賞した。恵良さ…