日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「パットで差をつける」12 のポイント Lesson 1 スリーパットをしないための 「素振り」の極意

最初に少しショートするつもりの大きさで素振りしてみる

直径4・25インチ(約10・8㎝)のホールに、いかに少ない打数で球を入れるかが、ゴルフの目的です。ドライバーの一打も、パットの一打も変わりません。それなのに、アマチュアのゴルファーと話をすると、パッティングに対する意識が非常に低いといつも感じます。この連載では、ゴルフの仕上げであるパッティングにとことんこだわり、実践的なコツや練習法をお伝えしていきます。読み終わったあなたのスコアは、確実に良くなっているはずです。

グリーン上で、素振りもせずにいきなりパッティングに入る人。彼らは他の人がパッティングしているときに何もしていません。本来なら、素早く自分の球をマークし、ラインを読んで、それに合わせてしっかり素振りをしておくべきです。

どんなに優れた音楽家でも、リハーサルなしに舞台に上がることはありません。ゴルフにおける素振りは本番前の大切なリハーサルなのです。他人の素振りを見ていると、振り幅でオーバーするか、ショートするかが分かると思います。ところが、いざ自分でストロークすると距離感がつかめない。それはきちんとした素振りをしていない証拠です。ほとんどの人が、素振りと実際に打つときでは、スピード・リズム感・振り幅が全く違います。これでは意味がありません。まず、素振りをするときには、球がどのくらいのスピードで、何秒転がり、どんなラインを描くのかを、できるだけ鮮明にイメージします。とにかく、どのくらいの振り幅、ヘッドスピードで打つと、どのくらいの速さで転がるのか、それを毎回、頭の中にインプットするクセをつけてください。そして、イメージの中でも球が止まるまでフィニッシュの形を崩さないことを意識しましょう。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

パターのスウィートスポット(芯)を中心にして、フェースに割り箸を3㎝ぐらいの間隔で貼って、その割り箸に球が当たらないような練習をおすすめします。最初は難しいかもしれ…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…