日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「パットで差をつける」12 のポイント Lesson 2 パッティングの基本も 「芯」で打つこと

スウィートスポットを中心に、フェースに割り箸を3㎝幅で貼る。その間で打つように練習をしてみよう

ゴルフ中継を見ていて、こんな解説を聞いたことがあります。「パターの芯を外して打ち、球の勢いを殺してタッチを合わせる」と。私の考えとは、随分と違うなと思ってしまいました。世界の一流選手の中に、芯を外して打つ人など一人もいません。ゴルフ理論には、いろいろな意見があっていいとは思います。でも、この「芯を外す」というのは、どうしても納得できないのです。パッティングに限らず、全てのショットの基本は、「芯で打つこと」だと確信しています。

ましてや、出だしが1㎝ずれても、距離が1㎝足りなくてもカップインしないのがパッティング。小さな動きの中で、微妙なタッチが必要とされ、わずかなミスも許されません。それ故に、どうしても芯を外しやすくなってしまうのがパッティングです。では、どうやったらパターの芯を外さずに打てるのでしょう。

パターのスウィートスポット(芯)を中心にして、フェースに割り箸を3㎝ぐらいの間隔で貼って、その割り箸に球が当たらないような練習をおすすめします。最初は難しいかもしれませんが、この練習をすると集中力も磨かれます。下りの速いラインのとき、芯でしっかり打ったらオーバーしそうだと思えば、距離の出ない打ち方をすればいいのです。まずパターを短く持って重心を下げ、両ひじをいつもより曲げて短くして構えます。そして、小手先の筋肉ではなく、腹筋や背筋などの大きな筋肉を使ってストロークすれば、芯で打っても距離は出ません。下半身が安定していない人はトウ側(先端部)、手先だけで打とうとする人はヒール側(シャフト側)で打つ傾向があるので注意してください。 グリーン(草)の心を知るには「芯」で打つことが大切だと肝に銘じましょう。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

1m以内のショートパットがなかなか入らない、入る気がしない、このままではゴルフそのものが嫌いになってしまう。そんな人も多いのではないでしょうか。以前、入れたら優勝とい…

前の記事

江連忠

素振りをするときには、球がどのくらいのスピードで、何秒転がり、どんなラインを描くのかを、できるだけ鮮明にイメージします。とにかく、どのくらいの振り幅、ヘッドスピード…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…