日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第56回 厚生労働大臣賞

6個入りで1000円(税込)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は11月11日、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第56回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。今回は全国603企業から1271点が出品され、32点が入賞。このコーナーでは、各部門の最優秀商品に授与される大臣賞と、日商会頭賞を、8回にわたり紹介する。

鹿児島県で明治17(1884)年に創業した「徳重製菓とらや」は、創業者の精神である「心を込めた手づくりの味」と、「郷土の心を写したふるさとの銘菓づくり」を続けている老舗の菓子店。中でも鹿児島の伝統的な和菓子である「かるかん」は、その特徴を生かしつつも、現代人の感性に適うよう、独自の工夫を施したオリジナル商品だ。

従来のかるかんの概念を超えた、しっとりとした食感と上品な風味は、霧島の地が生んだ天然の名水と、厳選した地元特産の自然薯(じねんじょ)によるもの。ていねいに蒸した皮と、しっかり炊きあげた桜島小ミカンの餡のバランスは、老舗ならではの味を生み出している。

食べやすい半月の形に霧島の郷土の魅力がぎっしりと詰まった「創作生かるかん 橘かん」。菓子部門に応募された456品の頂点に輝いた。

次の記事

JA静岡市茶産地めぐり

「茶産地めぐり」は、味と香りの良さで知られる静岡本山茶の詰め合わせで、厳選した高級煎茶のみを缶に20gずつ入れたもの。8産地から4つを選んで味の違いを楽しめる、ギフトに…

前の記事

下町夢ツリーグラス

日本への外国人観光客が増加する中、日本らしい土産品の需要が高まっている。そんな中、審査会で注目を集めたのが「下町夢ツリーグラス」。東京都の伝統工芸品産業に指定されて…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…