観光土産品審査会 第55回 日本商工会議所会頭賞

高さ9㎝×直径7・5㎝で1つ4000円(税別)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1269点の土産品から優れた商品を選定。特に優秀な商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。

日本への外国人観光客が増加する中、日本らしい土産品の需要が高まっている。そんな中、審査会で注目を集めたのが「下町夢ツリーグラス」。東京都の伝統工芸品産業に指定されている「江戸切子」の技術を用いて、2012年に開業した「東京スカイツリー」と花火が施されている。美しいアイスブルーのガラスのグラスは、お酒はもちろん、冷茶など多くのシーンで使用できることから、幅広い世代に喜ばれるお土産品として人気を得ている。

東京の下町でもある江東区亀戸は、古くから町工場が栄えた地域。そんな場所で江戸切子の技術を現代に伝えているのが「彩り硝子工芸」だ。土産品や贈り物のみならず、普段づかいのガラス工芸品を製作しているほか、観光客などに向けた江戸切子体験教室なども開催。伝統工芸の持つ魅力の発信にも努めている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

観光土産品審査会 第56回 厚生労働大臣賞

創作生かるかん 橘かん

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は11月11日、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第56回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。...

前の記事

観光土産品審査会 第55回 日本商工会議所会頭賞

経木組細工 えんむすび

静岡市で昭和21年から建築工事業を営む「ももぞの沖工務店」がつくる民芸品〝みきのくち〟「経木組細工(きょうぎくみざいく) えんむすび」が...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...