日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第55回 日本商工会議所会頭賞

高さ9㎝×直径7・5㎝で1つ4000円(税別)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1269点の土産品から優れた商品を選定。特に優秀な商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。

日本への外国人観光客が増加する中、日本らしい土産品の需要が高まっている。そんな中、審査会で注目を集めたのが「下町夢ツリーグラス」。東京都の伝統工芸品産業に指定されている「江戸切子」の技術を用いて、2012年に開業した「東京スカイツリー」と花火が施されている。美しいアイスブルーのガラスのグラスは、お酒はもちろん、冷茶など多くのシーンで使用できることから、幅広い世代に喜ばれるお土産品として人気を得ている。

東京の下町でもある江東区亀戸は、古くから町工場が栄えた地域。そんな場所で江戸切子の技術を現代に伝えているのが「彩り硝子工芸」だ。土産品や贈り物のみならず、普段づかいのガラス工芸品を製作しているほか、観光客などに向けた江戸切子体験教室なども開催。伝統工芸の持つ魅力の発信にも努めている。

次の記事

創作生かるかん 橘かん

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は11月11日、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第56回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。今回は全国603企業から1271点…

前の記事

経木組細工 えんむすび

静岡市で昭和21年から建築工事業を営む「ももぞの沖工務店」がつくる民芸品〝みきのくち〟「経木組細工(きょうぎくみざいく) えんむすび」がこのたび、日本商工会議所会頭…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…