日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 遺産事業第一弾 『残したい美しい会津弁』刊行

会津若松商工会議所(福島県)はこのほど、小冊子『残したい美しい会津弁 おあいなはんしょ』を刊行した。同冊子はA5版24ページで、会津の誇るべき「宝=遺産」をあらためて見直し、広く発信することを目的に、本年度から取り組んでいる「会津遺産事業」の第一弾として作製されたもの。 

同冊子では、NHKの大河ドラマ「八重の桜」で会津弁指導を行った同市出身の河原田ヤスケさんをアドバイザーに迎え、同所女性会などの協力の下、約100語の会津方言を選定、収録。「京言葉」との比較なども織り交ぜ、実際にドラマで使用された例などと共に明解に掲載している。 

発行部数は3000部。来年度に実施される「ふくしまデスティネーションキャンペーン」(DC)に備え、市内の観光関連業者や小売業者などに幅広く配布し、会津を代表する方言での「おもてなし」の一助としてもらう。

また、11月に同所で開催された農商工連携イベント「会議所ひろば」でも先着100人限定で一般にも配布されたが、短時間で配布が終了する人気ぶりを見せた。さらに全国各地からも入手したいとの問い合わせが入るなど、予想以上の注目度に同所もうれしい悲鳴を上げている。担当者は、「丁寧な接客や対応に加えることで、方言はいいアクセントとなる。本冊子を活用して印象に残るおもてなしをしてほしい」と話している。

次の記事

新潟県 新発田商工会議所青年部

新発田商工会議所青年部(新潟県)は1月11日、日本最大級の雑煮イベント「第11回 城下町しばた 全国雑煮合戦」を開催した。同イベントは、平成16年に新発田城の三階櫓と辰巳…

前の記事

岡山県 高梁商工会議所女性会

高梁商工会議所女性会(岡山県)は12月10日、現在も高梁市内で避難生活を送っている東日本大震災の被災者に楽しんでもらおうと、同市名物の〝高梁紅茶〟や名菓などを集めた「備…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…