日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 大阪上等ウェディング開催 商店街活性化に一助

石こうの手形を作製し、念願の結婚式を挙げた夫婦

大阪商工会議所東支部は2月14日、関西大学の学生と地元の関目商店街振興組合と共同で「大阪上等ウエディング」を開催した。情緒あふれる小さな商店街を舞台に、地域にゆかりのあるカップルに手づくりの温かい結婚式を挙げてもらおうと、政策の立案やまちづくり政策について研究する大学生たちと、商店街、同所が連携して約1年間かけて準備。めでたくバレンタインデーに1組のカップルが挙式と披露宴を執り行った。

今回結婚式を挙げたカップルは、公募で選ばれた商店街の近くに住む40代の夫婦。子どもも2人いる4人家族だ。夫婦は平成14年に結婚したが、その後すぐに育児などに追われ、挙式を行えなかったという。

当日は、買い物客や参列者約300人が見守る中、商店街内の特設ステージで人前式を開催。「誓いの手形」として、歯科医院用の石こうを用いてつくられた新郎新婦とその家族の手形を披露し、あらためて結婚を宣誓。また、ケーキ入刀ではなく、大阪らしく「お好み焼き入刀」を実施し、区民の有志合唱団からのお祝いの歌などがプレゼントされた。

人前式終了後は、商店街内の飲食店にて披露宴を開催。新郎新婦は特製のハート型コロッケを参列者におすそわけし、笑顔を振り舞いた。

当日参列した同所の佐藤茂雄会頭は、「商店街はもともと500m~1kmが足元商圏。この商圏を大切にすることで、地域のコアである商店街は存在感を示せる。今後もこうした産学官連携のイベントが広まることを期待したい」とコメントした。

同支部では、同商店街が今後「幸せベル(仮称)」というモニュメントを設置し、〝幸せになる商店街〟として売り込むための支援を続けていく。また、10月には2組目のカップルの結婚式も実施する予定で、一過性で終わらせない盛り上がりを目指す。

次の記事

長野県 佐久商工会議所

佐久商工会議所(長野県)は2月12日、旧中山道の宿場町を案内する「中山道佐久の道観光ガイド」認定式を開催。市内の60~80代の男女14人(男性10人・女性4人)が初めて認定され…

前の記事

鹿児島県 奄美大島商工会議所

奄美大島商工会議所(鹿児島県)などは1日、「第7回 奄美観光桜マラソン」を開催した。同大会は、日本一早く開花を迎える緋寒桜(ひかんざくら)が咲く並木道と太平洋を眺めな…

関連記事

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発した…