日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 安心して外食楽しんで プレミアム飲食券発行

飛沫(ひまつ)防止パネルを挟んで飲食を楽しむ来場者

松江商工会議所(島根県)は松江地区の商工会、松江青年会議所、同所青年部と連携し、6月26日から「コロナに負けるな!松江GENKI夜市(げんきよいち)」と銘打ったキャンペーンを開始した。4千円で、6千円分の飲食ができるプレミアムチケットを販売し、外食自粛ムードが広がる中で売り上げが低迷する松江市内の飲食店の活性化を図る。初日は屋外の駐車場に屋台村を設け、感染予防対策を取りながらキックオフイベントを開催。訪れた市民らが飲食を楽しんだ。

プレミアムチケットは500円券が12枚つづりで1セット(6千円分)。同キャンペーンに参画する飲食店(加盟店)191店舗(7月2日時点、随時増加予定)で11月30日まで使用できる。全部で1万セットを用意し、数回に分けて販売する。6月17~19日に第1回の予約販売をキャンペーン公式ホームページで行うと、初回販売数2千セットがすぐに完売した。

キャンペーン初日のキックオフイベントには地元の居酒屋などの屋台11店舗が出店し、ビールやたこ焼きなどを販売。この日は好天にも恵まれ、楽しみにしていたという市民らが訪れた。会場ではチケットも販売し、購入者には生ビール1杯を無料で提供するサービスも付けた。

イベント開催に当たっては、各ブースへのアルコール消毒液の設置、出店者へのフェースシールドの配布、検温の実施などを徹底。来場者に対しても入場時の検温やソーシャルディスタンスの確保に協力をお願いするなど、新型コロナウイルスの感染防止対策に配慮した。キャンペーン加盟店も「衛生管理セミナー」の受講と松江市が創設した「感染予防がんばる宣言」の実行を条件に募集した。

同所は「このキャンペーンを機にまちへ出て、ぜひ外食を楽しんでほしい」と話している。7月6~12日には2回目のチケット販売(はがき、インターネットによる予約抽選販売)を実施。続いて指定の販売所や、イベント会場での販売も順次行う予定だ。

詳細は、公式ホームページを参照。

次の記事

神奈川県 小田原箱根商工会議所

小田原箱根商工会議所(神奈川県)は6月11日、特設ECサイト「小田原箱根オンライン百貨店」を開設した。新型コロナウイルス感染拡大の影響により低迷する地域経済を維持・回復…

前の記事

福島県 会津喜多方商工会議所

会津喜多方商工会議所(福島県)は、新型コロナウイルスの影響が続く中、地域住民が安心して飲食店を利用できるよう、感染防止対策として「安全安心の喜多方ガイドライン」を策定…

関連記事

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…