日商 Assist Biz

更新

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.1 開成山公園の桜

交通:JR郡山駅からバスで15分 [写真提供]郡山市観光協会

未来を拓いた「一本の水路」 大久保利通“最期の夢”を今に伝える

猪苗代湖の豊富な水を安積(あさか)原野に流すという安積疎水の物語は平成28年、文化庁により「日本遺産」に認定されました。

明治4(1872)年に岩倉使節団の一員として欧米を視察した大久保利通は、新産業の育成を目指す「殖産興業」と、困窮する武士を救う「士族授産」を両立させるべく安積地方の開拓事業を計画します。しかし、事業開始目前に大久保は暗殺され、その〝夢〟は地元の開拓者たちに引き継がれていきました。

かんがい用につくった池の周りに植えられたソメイヨシノが今も残る開成山公園。安積開拓の象徴として、昔も今も市民の憩いの場となっています。

わがまちの「イチ押し」

郡山商工会議所 開発事業部 開発観光課 片野 若奈

郡山の「イチ押し」といえば、創業165年を誇る柏屋さんの「薄皮饅頭」。厳選された北海道産の小豆を使い、素材のおいしさを凝縮した自家製餡がたっぷり入っています。柏屋開成店では手づくり体験も実施しており、出来たてをいただくことができます

次の記事

京都府宇治市

お茶が中国から日本へ伝えられて以降、京都ではその生産技術の向上に努めてきました。14世紀には足利義満の庇護のもと一大生産地へと成長。その後、将軍家や貴族へ献上するため…

関連記事

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした。鯖街道という名称は、京の庶…

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武士ばかりでなく広く庶民へも門…

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み、1882(明治15)年には、石炭…