日商 Assist Biz

更新

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.2 宇治の茶畑

交通:JR宇治駅より車で10分(白川地区) [写真提供]宇治商工会議所

日本の茶文化を伝え、支える 宇治の高級茶畑

お茶が中国から日本へ伝えられて以降、京都ではその生産技術の向上に努めてきました。14世紀には足利義満の庇護のもと一大生産地へと成長。その後、将軍家や貴族へ献上するための高級茶葉をつくるようになり、時の権力者と多くの茶人の支持を受け、彼らの要望に応えて「抹茶」「煎茶」「玉露」を開発するなど、発展を続けてきました。

平成27年、宇治市を含む山城地域12市町村が日本遺産に認定されました。宇治で多く生産される玉露などの高級茶葉は、新芽が出るころに覆いを掛け、日光を遮って育てます。遮光することで甘みや旨味(うまみ)が増し、独特な味わいが生まれます。

わがまちの「イチ押し」

宇治商工会議所 業務課 福冨 頌子

宇治には、世界遺産の平等院・宇治上神社をはじめとする寺社仏閣など観光資源が豊富にあります。また、宇治橋のたもとにある創業850余年の老舗御茶屋・通圓(つうえん)では、宇治川を眺めながら本場の宇治茶をお召し上がりいただけます。

次の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.3 羽黒山の杉並木

山形県鶴岡市

山形県の中央に位置する出羽三山(でわさんざん)。月山(がっさん)・羽黒山(はぐろさん)・湯殿山(ゆどのさん)の総称で、古くから山岳信仰の地として...

前の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.1 開成山公園の桜

福島県郡山市

猪苗代湖の豊富な水を安積(あさか)原野に流すという安積疎水の物語は平成28年、文化庁により「日本遺産」に認定されました。明治4(1872)年に岩倉...

関連記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.36 遠敷谷(おにゅうだに)

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.35 咸宜園

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.34 北炭赤間炭鉱ズリ山

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み...