日商 Assist Biz

更新

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.26 日刀保(にっとうほ)たたら

交通 JR安来駅から車で約50分 ※一般公開はしていません [写真提供]安来市

「鉄づくり千年が生んだ物語」日本刀の命「玉鋼(たまはがね)」をつくり出す「たたら製鉄」の聖地

日常生活の中で使われているハサミや包丁などの原料である鉄のルーツは「たたら製鉄」だと言われています。ふいごで空気を送り、砂鉄と木炭を炉の中で燃焼させることで鉄を得る古来の製鉄法。日本刀には、この「たたら製鉄」でしかつくれない「玉鋼」が不可欠です。 現在も世界で唯一たたら吹きによる鉄づくりが行われる「日刀保たたら」は、その千年にわたる伝統技術の伝承のため、年に一度炉に炎が入る。神代から刻まれてきた鉄づくりの物語は、特徴豊かな地域の文化と産業、自然景観に満ちあふれ、終わることのない物語となり、この先も受け継がれていきます。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

安来商工会議所 総務課長 松井 真弓

たたら製鉄とその歴史を紹介する和鋼(わこう)博物館にある刃物専門店“守谷宗光”。その伝統を引き継ぐ「ヤスキハガネ」製の包丁は最高の切れ味が永く続き、その品質には定評があります。よく切れる刃物でもご縁は切れません。

次の記事

和歌山県 新宮商工会議所

紀伊半島熊野灘沿岸では、鯨が陸のすぐそばを回遊しており、江戸時代から捕鯨が行われています。もともと日本では、陸に打ち上げられた鯨の体の全てをあますことなく利用してい…

前の記事

福島県 会津喜多方商工会議所

平安時代以降、観音菩薩が33の姿に身を変えて衆生(しゅじょう)を救うという観音信仰から、日本の各地につくられた三十三観音。会津では江戸時代、会津藩祖・保科(ほしな)正之に…

関連記事

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした。鯖街道という名称は、京の庶…

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武士ばかりでなく広く庶民へも門…

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み、1882(明治15)年には、石炭…