「下町育ちの再建王」の経営指南 自尊心の3欲求

人は仕事をしたとき、上司に認めてもらいたいと思っています。心理学者のウィル・シュルツ博士は、自尊心を満たす要素として、①『自己重要感』②『自己有能感』③『自己好感』の三つの欲求があると説きます。自尊心は仕事のモチベーションに大きく関係するので、上司の持つべきスキルだと考えて、部下の三欲求の満たし方を身に付けてはいかがでしょうか。

①『自己重要感』というのは、「人は自分のしたことを重要だと感じたい」という欲求。例えば、チームで調査報告書をつくる場合、最終的にはリーダーが仕上げますが、その前に中堅が分担してたたき台をつくります。その下では新人が、小間使いのように「これ調べて来い」「あれ聞いて来い」と言いつけられ、必死になって情報を収集します。

その調査報告書が仕上がり、お客さまを感動させる良いプレゼンテーションができたとしましょう。さてその時、リーダーは新人に、どのような言葉を掛けるでしょうか。

本当に価値のある仕事をしたのは中堅スタッフで、新人は言われたことの半分もできなかったかもしれません。ただ、新人の今後のモチベーションは、この時の上司の一言に掛かっています。「今回の仕事に君たちの情報は欠かせないものだった。大変だっただろうが、おかげで、このプロジェクトはうまくいった。本当にありがとう!」

こう言うと、新人の『自己重要感』は100%満足。仕事にまい進する気持ちが生まれるのです。

②『自己有能感』を満たすには、「すごいなー、なかなかこうはできないぞ」などという、褒め言葉が有効です。時々、意識的に有能さを褒めてあげてください。

さて、最後の③『自己好感』ですが、どんな相手でも、これなら心をつかむことができます。「君、なんか感じが良いんだよナ」「不思議に楽しい気持ちになるよ」とか、人に紹介するとき「まだまだ未熟ですが、かわいいやつなんです」など相手に好感を伝えてください。

ある芸人さんが、決して美人とは言えない女性にほれ、口説き文句を考えたそうです。女性は自分のルックスは知っているので、見え透いたお世辞は言えません。悩んだ結果こう言ったそうです。「君、なんで俺の好み100%なの?」

彼は好みという無理のない表現を見つけたわけです。こういった方法を使えば、褒める点がない相手でも、自尊心を満たすことはできます。

3欲求を意識して、部下を褒めてください。褒めていれば、叱っても人間関係にシコリが残りません。今年は、褒め上手元年。上下関係がスムーズな一年を送ってください。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 営業・マネージメント・職人の役割分担で業績アップを

小山政彦

会社は、営業とマネージメント、そして職人、この3部門の担当者が絡まり合って仕事をしています。一人で全てこなせるオールマイティーという人はほ...

前の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 年末年始は、戦略を練る良いチャンス

小山政彦

「戦闘、戦術、戦略について、分かりやすく説明してください」と問われて、的確に答えられる人は、そう多くはいません。いろいろな答え方があると...

関連記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 試練や挫折こそ教養の糧 無料会員限定

小山政彦

東日本大震災に見舞われた2011年、その年に私が書いた『幸せに生きるための法則』という本があります。震災後の7月に出版した本です。あの災いを...

「下町育ちの再建王」の経営指南 失敗を恐れずチャレンジを繰り返す

小山政彦

「コロナ前に戻るのはいつ頃でしょうか?」こういう質問を受けることがあります。希望的観測としては、今年半ばか後半にはコロナはインフルエンザ...

「下町育ちの再建王」の経営指南 自分との約束を守ることが人脈につながる

小山政彦

若い頃、舩井幸雄さんから、「人脈を広げるには安心できる人間性プラス、何かで一番になること」と教えられました。何かで一番になるというのは、...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする