日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 まちだシルクメロン 販売中 異業種連携で新栽培システム開発

初収穫に臨んだ深澤勝会頭(右)ら

町田商工会議所(東京都)などは9月1日、市内外の10企業と連携して開発・栽培した「まちだシルクメロン」の販売を開始した。市内などの中小異業種企業が共同で開発したメロンは、高糖度・高品質で豊富に供給することが可能。地域ブランド確立への期待が高まる。

平成21年に「食の安全性の追求・低コストで高品質なメロンを供給」を合言葉に、地域ブランドを確立しようと、メロン専門の果実栽培経験者が一人もいない中、精密機器や医療機器メーカーなどの参加企業がそれぞれの持つ技術を集結。スタートから6年目にして、全く新しいタイプの栽培システムの開発と商品化に成功し、ついに「収穫の秋」を迎えた。

今回開発された栽培システムは、病害虫に負けない強い体質をつくりやすい、ゆらぎシステムを備えた水耕栽培。通常は1株から1~4個しか収穫できないメロンだが、この栽培方法では1株から年間30~60個の収穫が可能となる。現在、5毛作の収穫にもチャレンジ中で、糖度14度以上の高品質メロンを大量に収穫できる栽培装置と、その技術を活用したメロン果実の両面で、地域内外から注目を集めている。

同所では、市内の事業所から「まちだシルクメロン」を使ったスイーツを募集し、審査会を経て、優れた品質のスイーツを「プレミアムスイーツ」として認定する事業も企画している。選ばれた商品は10月21~11月8日まで、イベントや冊子、ポスター、ホームページ、地域情報誌などを通じて広くPRすることとなっている。

まちだシルクメロンは、昨年設立された会員企業「まちだシルク農園」が販売を担当。ファックスで申し込みを受け付けている。1個3240円~。

次の記事

山形県 山形商工会議所青年部

山形商工会議所青年部などは9月20日、「日本一の芋煮会フェスティバル」を開催した。同イベントは、山形の「食文化・秋の芋煮会」を全国に発信するために、平成元年から毎年秋…

前の記事

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)は9月24日、F1ドライバーたちの手形とサインのモノリス(記念碑)を、鈴鹿市の玄関口駅である近鉄白子駅西口に設置。同日開催した「モータースポーツ都市…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は9月16~18日の3日間、同所1階多目的スペースで「『Withコロナ時代』職場の感染症対策グッズ緊急展示・商談会」を開催した。職場での新型コロナウイルス感染拡…

宮崎県 西都商工会議所

西都商工会議所(宮崎県)は、西都市の市街地活性化の拠点として「まちづくり西都KOKOKARAココカラ」を開所した。名称には「ここから市街地の活性化がスタートする」という意味…

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所(岐阜県)と大垣観光協会が特許庁の地域団体商標に登録出願していた「大垣の木枡」および「大垣の枡」が7月14日に商標登録された。9月4日には、同所交流産業委…