日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第58回 vol.1 厚生労働大臣賞(菓子)

30グラム×6個で500円(税抜き)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は昨年11月、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第58回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。今回は全国507企業から1014点が出品され、74点が入賞。このコーナーでは、「菓子」「食品」「民工芸」「グローバル」の各部門の最優秀商品に授与される大臣賞と日本商工会議所会頭賞を8回にわたり紹介する。

石川県金沢市にある「鼓」は、天然原料にこだわった濃厚でフルーティーなゼリーを販売している。「食べると幸せな気持ちになるお菓子づくりを目指しやってまいりました。素材を生かし、安心してお召し上がりいただけるよう創意工夫しております」とそのポリシーを語る。

この度、厚生労働大臣賞に選出された「涼菓 彩紙ふうせん」は、紙ふうせんをモチーフとした、みかんの房状の容器に6種のゼリーを組み合わせた涼感あふれるゼリー。黄がオレンジ、赤がストロベリー、緑がマスカット、透明がライチとグレープフルーツ、青がソーダ風味と6種の味の詰め合わせとなっている。

審査員からも「伝統工芸品の美・技・心を持つ石川県金沢市の情緒が目に浮かぶようなお菓子」「見た目と中身が一体となり、観光地ならではのものであったところに感銘を受けた」といった声が上がった。

次の記事

紀州南高梅 夢葵 彩の舞

和歌山県和歌山市にある「紀和農園プロダクツ」は、梅の漬け込み・製造・販売を主体にその他野菜・果実など、和歌山県産品の製造・販売を行っており、お客の要望や意見に応え、…

前の記事

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は、1121点の土産品の中から優れた商品を「全国推奨観光土産品」として選定。特に優秀と認められ、大臣賞と日本商工会議所会頭賞に選ばれた…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…