日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 台湾の企業家団体と覚書

覚書を交わした吉田会長(左から2人目)と三三青年会の許副会長(同3人目)

~海外ビジネス交流の機会創出~

日本YEGは8月23~25日の3日間、台湾でのビジネス展開の可能性を探るため、台湾・台北市を訪問した。吉田大助会長(岡山YEG)をはじめ、ビジネス交流委員会の神林拓馬委員長(柏YEG)など全国から約120人のYEGメンバーが参加。台湾をけん引する経営者集団「三三青年会」とビジネス協力に関する覚書を締結するなど、積極的な交流が図られた。

日本商工会議所青年部は8月25日、台湾の若手企業家グループ「三三青年会」と相互の協力関係構築を目指した覚書を締結。覚書では、日本と台湾の企業間連携促進事業、関係機関とのネットワーク強化、会員企業の市場開拓支援、両国への企業進出促進、訪問団受け入れなどについて協力していくこととしている。

台北市では、「三三青年会」のほかにも、「和僑会」「IMC台湾」といった企業家団体との交流事業を開催。講演会、パネルディスカッションなどを通じ、台湾の歴史や情勢について学ぶとともに、親睦を深めた。

このほか、11月14日には、東京で「信なくば立たず 信頼し合える同志とつながる大国際交流会in六本木」を開催する。当日は、数カ国の在日外国商工会議所と交流を行うこととなっている。同委員会は、「これからも、日本YEGとして積極的に海外の有力な経営者などとの交流を図り、YEGメンバーのビジネスにつながる活動を行っていく」と、意欲を示した。

次の記事

日本YEG

昭和56年11月11日、群馬県前橋市で「全国商工会議所青年部連合会第1回全国大会」が開催された。日本YEGではこの11月11日を「YEGの日」と定め、同一の日に各単会が独自に地域へ…

前の記事

愛媛県 松山YEG

人生で最も大切なイベントの一つ“出産”にまつわる映像制作の会社を経営しています。起業1年目のときに、日本YEGの全国大会でデジタルサイネージを使うことを知りました。当時は…

関連記事

北海道 名寄商工会議所青年部

地元の他の青年団体会員の減少が進む中ではあったが、迅速な地域まちおこし活動の手助けを行い、また、将来に向けて地元商工会議所議員の担い手を育てようと、2007年に若手有志…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)は、令和2年度日本YEG米良充朝会長のお膝元・宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで交流事業を開催した。本事業は日本YEG交流委員会が企…

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

平成18(2006)年に設立。県庁所在地ではあるがYEG未設置だったために、県内の他の商工会議所からの要望に応える形で、当初81人でスタートしました。連合会にも設立と同時に加…