日商 Assist Biz

更新

真壁昭夫の経済底流を読み解く 軽減税率の導入に関する考え方

今のところ、政府は、2019年10月に消費税率を現行の8%から10%に引き上げる予定と明言している。それに合わせて政府は、低所得者層への配慮から酒類と外食を除く飲・食料品と、定期購読契約が締結され、週2回以上発行される新聞を対象に消費税の税率を低く抑える“軽減税率制度”の導入を検討するという。軽減税率の導入に関しては、経済の専門家の間でも賛否は分かれる。賛成派は、軽減税率には消費税の逆進性を緩和するため相応の正当性があるとみる。一方、反対派は、軽減税率を導入すると企業の経理事務の負担が増し混乱が生じると指摘する。

元々、消費税は子どもから高齢者まで社会全体で必要な財源を、広く浅く均一に負担する間接税の一種だ。富裕層でも低所得者層でも、同じ物を購入した場合、負担する税率は同じため、消費税には逆進性があると指摘されてきた。食料品などの生活必需品を購入する場合でも、消費税率の引き上げで負担する消費税は一定額上がる。結果として、所得に関係なく税負担は増え、低所得者層の税の負担感はより大きくなることが想定される。それが消費税の逆進性だ。この問題を解消するためには、生活必需品などの税率を抑えることが解決策の一つといわれている。

一方で、低所得者層の税の負担感を抑えるために、低所得者層に現金などを支給することも考えられる。その場合、個人の資産状況などを正確に把握することが課題となる。

飲・食料品に関する軽減税率を具体的に考えると、生鮮食品の購入に加え、テイクアウト商品も対象に含まれている。コンビニ弁当も軽減税率の対象だ。一方、酒類に加えて、外食やケータリングは軽減税率の対象ではない。コンビニ内での飲食(=イートイン)も軽減税率の対象外になりそうだ。この切り分け方がポイントで、消費者には軽減税率を選択する余地が与えられる。自宅で食事をするのであれば、軽減税率のベネフィットを享受できる。逆に、飲食店内やイートインコーナーで食事をする場合は、10%の消費税を支払う。同様の仕組みは、既に海外では実施されている。フランスでは、消費税率(付加価値税)が20%であるのに対し、外食には10%、食料品には5・5%の軽減税率が設定されている(18年1月時点)。見方を変えると、政府が目指している軽減税率は、個人の担税力(税金を支払う能力)に着目し、贅沢をするゆとりのある人からは10%の消費税を徴収することを目指しているといえる。

軽減税率の導入は、消費税率引き上げの影響を緩和するための政府の妥協案でもある。メリットが期待される反面、デメリットもある。小売りや外食産業などの企業の手間や負担増にもつながる。政府は、企業の軽減税率導入に対する取り組みをサポートする体制を強化しつつ、具体的な事例などを紹介すべきである。キャッシュレス決済を取り入れて、レジ業務の負担を軽減することも考えられる。それを実現するためには、セキュリティー面を強化しつつQRコード決済など、比較的導入コストの低いテクノロジーを用いることも必要だ。

軽減税率を予定通り導入するのであれば、残された時間は多くない。混乱なく軽減税率を導入するため、政府は軽減税率に関する広報を企業や消費者に徹底して行うとともに、前述したように、企業の軽減税率導入に対する取り組みへの支援に万全を期すべきである。

まかべ・あきお 1953年神奈川県生まれ。76年、一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。83年7月ロンドン大学経営学部大学院卒業。メリルリンチ社ニューヨーク本社出向などの後、市場営業部、資金証券部を経て、第一勧銀総合研究所金融市場調査部長。現在、法政大学大学院教授。日商総合政策委員会委員。『はじめての金融工学』(講談社現代新書)など著書多数。

次の記事

真壁昭夫

昨年11月以降、米国の株式市場が不安定な展開を示したこともあり、これまで世界経済をけん引してきた米国景気の先行きに関して慎重な見方が増えている。トランプ米大統領の減税…

前の記事

真壁昭夫

現在の世界経済を考える上で、米国のIT先端企業の代表格である“GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)”の存在は大きい。GAFAは成長企業の代表格であり、これま…

関連記事

真壁昭夫

足元、コロナウイルスを巡って米国と中国の対立が激化している。今後の世界情勢を考える上で、両国の対立が深まることは重大なマイナス要因だ。米国のトランプ大統領は、新型コ…

真壁昭夫

新型コロナウイルスの感染拡大によって世界的に大混乱が発生し、グローバル化の負の側面が浮き彫りになっている。問題の一つに、通商を中心とする米中の覇権争いがある。本年1…

真壁昭夫

昨年12月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルス感染症は、世界的なパンデミックになってしまった。それは、中国国内の経済活動を阻害すると同時に、世界的な供給網=サプラ…