日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第58回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル)

1個6千円 (税抜き)

埼玉県さいたま市で日本人形用の造花を製造している「岡半」。埼玉県は日本有数のひな人形の生産地であり、同社がつくる造花は、ひな人形の美しさを引き立てている。その伝統技術を生かしてつくられたのが「盆栽小鉢・桜」だ。

白生地の断裁から、染色、組み立てまで全てが手作業。素材となる白生地を花びらや葉の形をした型でくり抜いた後、花びら一枚一枚に筋を付けて芯を通し、葉は針金を付けて筋を通す。幹や枝も着色し、木肌の質感を出している。

審査委員からも「盆栽は、世界から注目を集める日本のクールジャパンコンテンツの一つ。本当の盆栽では手がかかるものでも、この小鉢であれば、手頃に日本を感じることができる」「桜は日本を代表するものであり、訪日外国人向けのお土産品としても適しているのではないか」「日本の繊細な手仕事を海外にPRできるお土産としても最適」と高い評価を得た。

=おわり

次の記事

越中富山の常備菓子

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は2018年12月、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第59回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。今回は全国511事業者から100…

前の記事

近江麻布ばすたおる

滋賀県彦根市にある第三セクターの「夢京橋あかり館」が販売する「近江麻布ばすたおる」は、織物の名産地として有名な滋賀県の湖東地区でつくられた国産の麻バスタオルだ。地元…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…