日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第58回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル)

1個6千円 (税抜き)

埼玉県さいたま市で日本人形用の造花を製造している「岡半」。埼玉県は日本有数のひな人形の生産地であり、同社がつくる造花は、ひな人形の美しさを引き立てている。その伝統技術を生かしてつくられたのが「盆栽小鉢・桜」だ。

白生地の断裁から、染色、組み立てまで全てが手作業。素材となる白生地を花びらや葉の形をした型でくり抜いた後、花びら一枚一枚に筋を付けて芯を通し、葉は針金を付けて筋を通す。幹や枝も着色し、木肌の質感を出している。

審査委員からも「盆栽は、世界から注目を集める日本のクールジャパンコンテンツの一つ。本当の盆栽では手がかかるものでも、この小鉢であれば、手頃に日本を感じることができる」「桜は日本を代表するものであり、訪日外国人向けのお土産品としても適しているのではないか」「日本の繊細な手仕事を海外にPRできるお土産としても最適」と高い評価を得た。

=おわり

次の記事

観光土産品審査会 第59回 vol.1 厚生労働大臣賞(菓子)

越中富山の常備菓子

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は2018年12月、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第59回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した...

前の記事

観光土産品審査会 第58回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(民工芸)

近江麻布ばすたおる

滋賀県彦根市にある第三セクターの「夢京橋あかり館」が販売する「近江麻布ばすたおる」は、織物の名産地として有名な滋賀県の湖東地区でつくられ...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...

観光土産品審査会 第61回 vol.5 観光庁長官賞(全部門より)

からし蓮根

熊本県の代表的郷土料理として知られる「からし蓮根」。レンコンの穴にからしみそを詰め、衣を付けて油で揚げたもので、シャキシャキとした食感と...