日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 ケンマ草のカンカン帽

田中帽子店 (埼玉県春日部市)

帽子の木型は日本人の頭の形に合わせたものを使用。すべての工程を手作業で行いフィット感のある仕上がりになっています 撮影:加藤正博

今月は、春日部市の伝統工芸品・麦わら帽子をアレンジした、ケンマ草のカンカン帽をご紹介します。

同市の中央を流れる古利根川流域は、米や麦が栽培される豊かな土地でした。この麦を利用し、明治10(1877)年ごろから手縫いの帽子がつくられ始め、やがて一大生産地として知名度を高めていきます。当初は農作業用の日よけの帽子が主流でしたが、安価な外国産のものが流通するにつれ、よりファッション性の高いものが考案されるようになりました。

明治13年創業の田中帽子店は、麦わら帽子の全国的な流行を支え、牽(けん)引してきた企業です。地元高校が甲子園に出場したときには、応援用の麦わら帽子を約4000個も制作するなど、地域とも深く結び付き、愛され続けています。

ケンマ草は麻の一種で、麦よりも軽く独特な光沢が美しい素材。これを用いた同店のカンカン帽は洋装にも和装にも合うカジュアルな帽子として、幅広い年代の人気を集めています。

次の記事

伝えていきたい日本の技 山鹿灯籠

山鹿灯籠の店 なかしま

今月は、山鹿市に古くから伝わる和紙の金灯籠(かなとうろう)をご紹介します。山鹿灯籠は2000年もの昔、景行天皇の筑紫路巡幸の際に、山鹿の人々が...

前の記事

伝えていきたい日本の技 うるし・金箔マウス

朝日電機製作所

今月は、石川県の伝統工芸を斬新なかたちで活用したパソコンのマウスをご紹介します。石川県には数多くの伝統工芸が根付き、輪島塗をはじめとする...

関連記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠 無料会員限定

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...