日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 新名産品でおもてなし 新幹線開業へ試験販売開始

黒部米を使用した伝統の銘品「植万のます寿司」

黒部商工会議所(富山県)はこのほど、来年の北陸新幹線開業に向けて開発していた名産品「黒部のおくりもの」を完成させ、市内の土産品ショップ3店で5月25日より試験的に販売を開始した。

プロジェクト立ち上げ当初は課題も多かったが、専門家の起用や首都圏での物産展への出展を通じ、商品をブラッシュアップ。難航していた製造業者も確保し、選り抜きの4品が決定した。

完成した商品はどれも黒部にゆかりのある素材や歴史、風土、作り手の思いを取り入れたものに仕上がった。新幹線の駅での販売をメーンに想定し、持ち運びに便利で小分けにもできる仕様に。値段はどれも手頃な680円(税込)とした。

同所は、「黒部を訪れる方だけでなく、黒部の人から全国の人へのお中元やお歳暮、手土産などとしても活用してもらいたい」と話しており、今後も随時品数を増やしていく予定だ。

次の記事

セレクト地域短信 「IT人材」地域で育成 やきそばアプリ開発に挑戦

秋田県 横手商工会議所

横手商工会議所(秋田県)は15日、「初めてのタブレットアプリ作り大会」セミナーを開催した。次世代のIT人材の育成・交流を目的とした「ITエースを...

前の記事

セレクト地域短信 地元企業の国際化後押し 留学生と初の交流会

滋賀県 彦根商工会議所

彦根商工会議所(滋賀県)は12日、地元の教育機関・ミシガン州立大学連合日本センター(JCMU)の留学生と会員企業の「第1回彦根&ミシガン国際交流会」...

関連記事

セレクト地域短信 サイクリングイベント開催中

茨城県 水戸商工会議所

水戸商工会議所(茨城県)では、1人でも楽しめるサイクリング企画「チャリンコ★ステークス FOR Solo ride」を開催している。同事業は、今年度継続...

セレクト地域短信 地域防災の推進に 行政、自治会と包括協定

神奈川県 小田原箱根商工会議所

小田原箱根商工会議所(神奈川県)、小田原市、小田原市自治会総連合の3者は、防災に関する包括連携協定を8月30日に締結した。同協定は、小田原市の...

セレクト地域短信 9色の風船が大空彩る 市民の願いを乗せて

石川県 白山商工会議所

白山商工会議所(石川県)は、風船に市民の夢や希望が書かれたメッセージカードを付けて大空へ放つイベント「サマーフェスティバルHAKUSAN2021」バ...