日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「IT人材」地域で育成 やきそばアプリ開発に挑戦

参加者同士の交流もプロジェクトの魅力

横手商工会議所(秋田県)は15日、「初めてのタブレットアプリ作り大会」セミナーを開催した。次世代のIT人材の育成・交流を目的とした「ITエースをねらえ!」プロジェクトの一環として、IT業界に興味のある高校生など15人が参加した。

セミナーではIT初心者を対象に、横手市が公開している「横手やきそば」のオープンデータを利用し、使いやすいアプリを考えるというテーマに取り組んだ。どういった情報を追加すれば便利なのかを参加者全員で検討し、実際に横手やきそばを食べに行き、写真を撮影したり、必要な情報を店舗から収集。そのデータをタブレットアプリにするプロセスを専門家から学んだ。

同プロジェクトは、東日本大震災からの復興の一助になればと平成23年にスタートし、今回で第8弾となる。当初はITに興味のある人材をスペシャリストに育てることが主な目的だったが、回を重ねるうちに、今までITに縁のなかった人にも活用のきっかけを提供していければという取り組みに発展。インターネットやSNSの活用など、地域のITリテラシー向上に貢献している。同所のセミナー担当者は、「市内のIT活用の裾野を広げるプロジェクトとしても、力を注いでいきたい」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 共同受注で成果を発揮 燕の研磨業者グループが表彰台に

新潟県 燕商工会議所

燕商工会議所(新潟県)に事務局を置く共同受注グループ「磨き屋シンジケート」がこのほど、「イノベーションネットアワード2014」の「一般財団法人...

前の記事

セレクト地域短信 新名産品でおもてなし 新幹線開業へ試験販売開始

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)はこのほど、来年の北陸新幹線開業に向けて開発していた名産品「黒部のおくりもの」を完成させ、市内の土産品ショップ3店で...

関連記事

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...

セレクト地域短信 損保4社と包括協定 会員企業支援で提携

福岡県 大牟田商工会議所

大牟田商工会議所(福岡県)は、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の損害保険会社4社...