日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 地元企業の国際化後押し 留学生と初の交流会

中川副会頭らがバンド演奏で歓迎

彦根商工会議所(滋賀県)は12日、地元の教育機関・ミシガン州立大学連合日本センター(JCMU)の留学生と会員企業の「第1回彦根&ミシガン国際交流会」を開催。今月彦根に来たばかりの留学生のほか、講師やスタッフ含め約100人が集い、盛り上がった。

同所の小出英樹会頭による英語を交えた歓迎あいさつに続き、彦根の良さを感じてもらおうと観光紹介のDVD放映や、中川哲副会頭らによるスペシャルライブを開催。参加者からは、「センターができてから25年になるが、これまで交流する機会が少なかった。いろいろな話ができて楽しかった」と好評だった。

今回の交流会は、地域経済の国際化と会員企業の海外進出を目指し、同所が今年2月にJCMUと「産学連携に関する業務連携・協力に関する協定」を締結したことがきっかけ。国際交流を身近に体験してもらおうと企画した。さらに同所は、会員企業から「ぜひ海外展開を視野に入れた取り組みをしてほしい」との強い声があり、JCMUの協力で「ビジネス英会話セミナー」も実施している。セミナー参加者にとって、交流会は実践の場になった。

同所は、「彦根にしかないミシガンとの関係性を活用しながら国際交流を深め、会員企業の海外展開への意欲を高めていきたい。今後も交流会を希望する声が多く、産学官で連携しながら輪を広げていければ」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 新名産品でおもてなし 新幹線開業へ試験販売開始

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)はこのほど、来年の北陸新幹線開業に向けて開発していた名産品「黒部のおくりもの」を完成させ、市内の土産品ショップ3店で...

前の記事

セレクト地域短信 ニッコリ笑顔も8%アップで 山形DCを前におもてなし力向上へ

山形県 天童商工会議所

天童商工会議所(山形県)は今年度、消費増税による打撃を〝笑顔のおもてなし〟で払拭しようと、「笑顔8%UP運動」に取り組んでいる。きっかけは、天...

関連記事

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...

セレクト地域短信 損保4社と包括協定 会員企業支援で提携

福岡県 大牟田商工会議所

大牟田商工会議所(福岡県)は、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の損害保険会社4社...