セレクト地域短信 過去最高1300社超が出展 メッセナゴヤ盛況

来場者数は約6万6000人。

名古屋商工会議所は11月5~8日、日本最大級の異業種交流展示会「メッセナゴヤ2014」を開催した。過去最大となる1315社が出展し、来場者も6万5975人と、過去最高を記録した。

第9回となった今回は、「交流が生み出す新たな飛躍~環境・安全・モノづくり」をテーマに実施した。昨年に比べて、モノづくり企業の出展が380社と74社増加。また、業種別出展者についても、製造業が423社と最も多く、これまで主となっていた完成品の出展だけでなく、機械・部品の加工といった技術分野の出展も、昨年から増えてきている。

メッセナゴヤは他の地域からの関心も高い。岐阜商工会議所をはじめ、岐阜県下の10商工会議所から66社が出展するなど、各商工会議所が地元の中小・小規模企業に呼び掛けて参加しているケースも見られる。また、九州からは、福岡・北九州・熊本・鹿児島の4都市が連携して初出展をするなど、販路拡大支援として、各地域もメッセナゴヤに注目している。

さらに、会期前後の商工会議所ならではのサポートも人気の一つだ。出展を成果に結び付けるため、効果的な展示方法や新規顧客の開拓戦略について専門家がコンサルティングを実施する個別相談のほか、会期直後のテレアポ実践講座、年間を通して営業力アップを目指す勉強会など、無料サポートメニューが充実している。

同所は、「年々、業種や業態、規模を越えて活発に交流が行えるメッセナゴヤへの期待が高まっている。今回は国内40都道府県、海外は16の国や地域から出展があった。今後も国内外問わず出展企業や来場者を招き、愛知に多くの企業や人を呼び込みたい」と話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 商工見本市に3万2000人 商業支援と市民PR コラボで魅力発信

埼玉県 さいたま商工会議所

さいたま商工会議所などは11月7~9日の3日間、「コラボさいたま2014 さいたま商工見本市」を開催した。この事業は、さいたま市を拠点として積極的...

前の記事

セレクト地域短信 女子大生が魅力発掘 2020年五輪開催を視野に

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は11月14日、女子大生の案内で都内の隠れた魅力を探る都市型観光プログラム「TOKYO DISCOVERY」を開催。27人が参加した。今回ツアー...

関連記事

セレクト地域短信 初のオンライン商談会 DX推進へ30社出展

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会

佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県産業スマート化センターなどはこのほど、生産性向上とDX推進につ...

セレクト地域短信 4金融機関と協定締結 企業の海外販売を支援

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月26日、地元の4金融機関(福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、福井信用金庫)と共に「CROSS BORDER SABAE(CBS)地域金...

セレクト地域短信 タウン情報誌「城陽日和」を発行

京都府 城陽商工会議所

城陽商工会議所(京都府)はこのほど、タウン情報誌「城陽日和」(2021年秋特別号)を発行した。同冊子は、城陽市の商業を活性化させるため毎年春...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする